現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ニューモデルの秋到来 ボディタイプ別売れ筋

ここから本文です
マーケット 2012.9.25

ニューモデルの秋到来 ボディタイプ別売れ筋

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3カ月連続で全ボディタイプのトップは変わらず

8月のボディタイプ別売れ筋モデルをチェック

 今回は8月の日本メーカー製乗用車の国内販売データから、ハッチバック、セダン、ステーションワゴン、ミニバン・1BOX、クロカン・SUV、クーペ・オープン、軽乗用車という7つのボディタイプ別に売れ筋モデルをチェックしていこう(販売台数は日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の発表値をベースに、トヨタ カローラのように同じ車名でもボディタイプが複数あるクルマはメーカー調べのデータで集計)。

 日本メーカー製乗用車(軽乗用車、海外生産の輸入車含む)全体では29万9428台で、前年同月比は115.9%と11カ月連続で前年を上回った。ただ伸び率は今年初めて10%台となり、東日本大震災前の10年8月と比べると、15.7%減とマイナスだ。10年8月は当時のエコカー補助金が終了間際で駆け込み需要により盛り上がっていたが、今年は世間を騒がすほどではなく、売れ行き的にはやや尻つぼみ状態で幕となりそうだ。

 ただ「トヨタ ポルテ/スペイド」、「日産 ノート」、「スズキ ワゴンR」といったニューモデルの受注が好調で、補助金効果による反動減をどこまでカバーできるかが注目される。

 ボディタイプごとの合計ではセダン部門が5.3%減と前年を下回ったほかはプラスをキープしているが、ハッチバック部門、ステーションワゴン部門、クロカン・SUV部門は8.6%増、1.2%増、7.0%増と1ケタ台のプラスにとどまった。各部門とも、トップは3カ月連続で変動なしと上位陣の売れ行きは安定しているのだが、秋から年末にかけて、ポルテ/スペイド、ノートなどのハッチバックモデルだけでなく、セダン部門に「日産 ラティオ」や「ホンダ アコード」、「トヨタ クラウン」、ステーションワゴン部門に「マツダ アテンザ」、クロカン・SUV部門に「スバル インプレッサXV」や「三菱 アウトランダー」など、ニューモデルが目白押し。それぞれトップを脅かすようなスタートダッシュを期待したい。それでは8月の各ボディタイプ別売れ筋ベスト5を紹介していこう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します