現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ハイブリッドカーも復調 5月の売れ筋ランキング

ここから本文です
マーケット 2011.6.30

ハイブリッドカーも復調 5月の売れ筋ランキング

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全ボディタイプで前年同月比が改善し、回復基調に!

5月のボディタイプ別売れ筋モデルをチェック

 今回は5月の日本メーカー製乗用車の国内販売データから、ハッチバック、セダン、ステーションワゴン、ミニバン・1BOX、クロカン・SUV、クーペ・オープン、軽乗用車という7つのボディタイプ別に売れ筋モデルをチェックしていこう(販売台数は日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の発表値をベースに、トヨタ カローラのように同じ車名でもボディタイプが複数あるクルマはメーカー調べのデータで集計)。

 日本メーカー製乗用車(軽乗用車、海外生産車、スズキのシボレーブランド含む)全体では18万5900台、前年同月比は64.7%と9カ月連続で前年を下回った。しかし前年同月比の下落率は4月より15.7ポイント改善し、前月比は131.8%と2カ月ぶりにアップと、回復の兆しも見て取れる。ボディタイプごとの合計では、全部門3カ月連続で2ケタ減になっているが、ハッチバック部門が6万1192台、前年同月比63.6%と4月より14.2ポイントアップしたのをはじめ、クロカン・SUV部門が9052台/同79.5%で22.8ポイントアップ、軽乗用車部門も7万1916台/同76.9%で19.3ポイントアップと復調傾向となった。これで5月は2万9509台/前年同月比54.2%にとどまったミニバン・1BOX部門がもう少し上がってくれば、回復の歩みは確実なものになるはずだ。

 4月には前年同月比で6割減と大きく落ち込んだ国内自動車生産も5月には3割減の47万2000台レベルに改善。特に日産と三菱は前年超となる回復ぶりで、この2社は海外生産もプラスに転じている。ただトヨタが6月には9割程度、ホンダは6月末には生産水準が正常化する見通しで、各社とも供給面が安定すれば、あとはいかに早く販売回復を軌道に乗せられるかがポイントになりそうだ。それでは5月の各ボディタイプ別売れ筋ベスト5を紹介していこう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します