サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ベントレーのスポーツセダン・フライングスパーが第3世代に。格納式マスコットや4WSも装備

ここから本文です

ベントレーのスポーツセダン・フライングスパーが第3世代に。格納式マスコットや4WSも装備

コンチネンタルGTに続きセダンが全面刷新

第3世代へとフルモデルチェンジしたベントレーのスポーツセダン「フライングスパー」が日本でお披露目されました。価格は消費税込みで2667万4000円。日本へのデリバリーは2020年の第二四半期です。

先に全面刷新されたクーペの「コンチネンタルGT」と同じく、プラットフォームを含むすべてが新しいフライングスパー。ボディサイズは全長で21mm、全幅で2mmとわずかに広がっただけですが、ホイールベースは129mm延ばされ、やや丸みを帯びた印象の先代に対して、踏ん張り感の強いダイナミックなプロポーションを獲得しています。

格納式&発光もするようになったフライングB

横に大きく展開するフロントグリルや、メッキやブラックアウトの処理で3パターンの表情を選べるアンダーグリルも大きく変わった点。さらに、ノーズ部分のマスコットであるフライングBは、ベントレー初の格納式となり、ウイング部分が淡く光るようになりました。テールランプにはBマークが浮かび上がります。

インストルメントパネルはコンチネンタルGTとの共通部分が多く、ウッドパネルが回転してタッチスクリーンや計器が現れるローテーションディスプレイも踏襲されました。一方、エアコンのセンターベント部分はクロームパーツでウイングをかたどった重厚感のあるデザインで差別化されています。

フルサイズのパノラミックサンルーフも用意。また、リアにはブラインドやマッサージ機能、ムードライトを操作するタッチスクリーンが備わります。

コンチネンタルGTと同等の動力性能に4WSもプラス

エンジンは6.0L W12直噴ツインターボで、最高出力635ps、最大トルク900Nmと、特にトルクが先代よりも100Nm強化。トランスミッションはZF製のデュアルクラッチ式です。エンジンパワー/トルクや最高速度は333km/hとコンチネンタルGTと同値、0-100km/h加速は0.1秒遅い3.8秒となっています。

駆動系ではベントレー初の4WSが追加されました。駆動方式は4WDで、通常はリアに100%駆動力を配分し、路面状況によってフロントに最大で480Nmを振り分けます。48Vシステムを使ったアクティブ式のアンチロール機能も備わります。

一部の先進アシスト機能はパッケージオプションに

先進安全装備系ではアダプティブクルコンやヘッドアップディスプレイ、レーンアシストなどがパッケージされたツーリングスペシフィケーションがオプションとなります。最高級モデルだけに、このあたりは多少高くても全部入りでいいような。コンチネンタルGT同様、オーディオブランドはnaim(ネイム)に加えてバング&オルフセンが選べるようになりました。

今までのフライングスパーはやや地味な印象もありましたが、新型を目の前にした編集部の第一印象は、スタイリッシュな雰囲気が一気に引き上げられたという感じです。国内の試乗記にも引き続き注目ですね。

【 ベントレー フライングスパーのその他の情報 】
ベントレー フライングスパーの中古車一覧
ベントレー フライングスパーのカタログ情報
ベントレー フライングスパーの買取相場

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します