サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 5分で読めるタカタのエアバッグ問題 ~清水和夫が本音を語る~

ここから本文です

5分で読めるタカタのエアバッグ問題 ~清水和夫が本音を語る~

5分で読めるタカタのエアバッグ問題 ~清水和夫が本音を語る~

(写真:ロイター/アフロ)

7月9日、ホンダは新たに「フィット」など17車種、合計約163万台のリコールを届け出た。これらは2007年1月から2011年12月までに生産されたもので、運転席のエアバッグが対象だ。9日時点で、タカタ製エアバッグのリコールは国内だけでも約947万台となっている。

言うまでもなく、エアバッグは激しい衝突事故から乗員の命を守る重要な技術で、実用化からすでに25年で数万人の命を救ってきた安全技術の優等生である。しかし現在、エアバッグとシートベルトのメーカーとして名高い日本の「タカタ社」のエアバッグが死亡事故を起こしている。今回はなかなか解決への道筋が見えないエアバッグ問題を取り上げてみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら