サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > クラウンがマイナーチェンジ。アスリートは2L直噴ターボ搭載

ここから本文です

クラウンがマイナーチェンジ。アスリートは2L直噴ターボ搭載

10月1日、今年で生誕60周年を迎えるクラウンがマイナーチェンジした。価格は“アスリート”シリーズが388万円~610万円、“ロイヤル”シリーズが373万円~590万6000円、“マジェスタ”シリーズが633万円~695万円。月販目標台数は3700台。大幅改良されたアスリート/ロイヤルを中心に紹介していこう。

トピック満載の“アスリート”シリーズ

“アスリート”シリーズはレクサスNXなども採用する2.0L直噴ターボエンジン搭載モデルを設定。トランスミッションは8速トルコンATでJC08モードは燃費13.4km。

パッケージオプションとして設定する「ジャパンカラーセレクションパッケージ」もトピックで、天空(ソラ)、茜色(アカネイロ)、紺碧(コンペキ)など日本ならではの色域を意識した12色のボディカラーと、専用の内装色3色との組み合わせが楽しめる。

内外装では、フロント周りでヘッドランプがバイ・キセノンからバイ・ビーム式LEDになったほか、グリルやグリル周りの造形もよりスポーティな雰囲気に変更された。リアランプも一回り大きなリング形状を採用する。

また、内装にメノウ積層柄の加飾パネルを新採用したほか、ターボエンジン搭載モデル専用にスポーティな雰囲気を演出する専用色プルシアが加わった。

押し出し感を強めた“ロイヤル”シリーズ

ロイヤルシリーズは内外装の変更が中心。外装では押し出し感や上質感をより高めたグリルを新採用し、内装では立体感のある細かな木目調をベースにした格子柄パネルや、ブラック×ブラウンアクセントの内装色組み合わせを新設定している。

ボディ剛性強化やサスペンションの見直しも

アスリート/ロイヤル/マジェスタ共にボディには構造用接着剤が新採用され、90ヶ所以上のスポット溶接増し打ちも実施。サスペンションのショックアブソーバーやブッシュ、制御システムの見直しも行われ、乗り心地や操縦性能が向上しているという。

トヨタ・セーフティ・センスは採用されず

世界初採用技術のITSコネクトも注目だ。760MHzのITS専用周波数で道路のインフラから情報を取り込み、交差点右折時の歩行者の存在や、赤信号を見落としなどを表示とブザーで警告するなど、従来はできなかったサポートを実現している。

一方、カメラとミリ波レーダーを組み合わせ、歩行者も検知可能な高機能タイプの衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」は採用されず、従来からOP設定されているミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムを継続採用している。

※写真のカラーは天空(ソラ)ピュアブルーメタリック

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します