サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > AMG GT Sで富士スピードウェイを走る。果たしてその実力は?

ここから本文です

AMG GT Sで富士スピードウェイを走る。果たしてその実力は?

急激に変貌するメルセデスの頂点モデル

メルセデス・ベンツが、スーパースポーツの世界でポジションを確保するために導入する新車種が「AMG GT」だ。よりハッキリ言えば、他のAMGモデルのように既存モデルのパフォーマンスを向上させて到達できる領域には限界があるということ。より高い頂を目指し、その領域に生息するポルシェなどのライバルを圧倒するべく、シャーシから全てをこのモデルのためにAMGが独自開発。2010年に発売され、マクラーレンと別の道を歩み始めたSLS AMGに続き、技術力を世に示してAMGとメルセデスを牽引する役割を担う独自開発第2弾モデルとなるのだ。

ちなみに、このモデルと期を合わせるかのように、メルセデスは「AMG」を「メルセデスAMG」として、独自ブランドではなくメルセデスの究極のパフォーマンスを求めるブランドとする戦略に変えた。つまりAMG GTはメルセデスのスポーツシーンの頂点に君臨するブランドヒーローとなるモデル。同時に究極のエクスクルーシブを求めるブランド「メルセデス マイバッハ」も立ち上げられ、今はSクラスにのみマイバッハが展開されているが、予想と期待を込めると今後は他の車種にも…なんて展開があるのかは定かでないが、メルセデスはいま急激に変貌を遂げている。

何はともあれ、サラブレッドのなかのサラブレッドとして登場したAMG GTのハイパフォーマンスモデル「AMG GT S」に、今回は富士スピードウェイで試乗できたので紹介しよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します