サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 昭和40年代男のテンションがもっとも上がった日産ヘリテージコレクションはこれ!

ここから本文です

昭和40年代男のテンションがもっとも上がった日産ヘリテージコレクションはこれ!

■リーフのご先祖様の“たま”に出会う【1947年】

プリンス自動車の前身となる企業が世に送り出した、東京・多摩地区生まれの「たま 電気自動車」の生まれは1947年、つまり昭和22年ですから、戦後間もない頃です。当時はガソリンが手に入りにくく、大口の電力需要者も少なく電気が余剰気味で、電気自動車が奨励された時期だったとか。たま 電気自動車は、カタログ値を上回る航続距離96kmと最高速度35km/hという十分すぎる性能を発揮し、1950年代初頭までタクシーなどに使われたそうです。

しかし、たまというネーミングといい、見た目といい、とてもファニーです。モチーフを生かした商用電気自動車などができれば、楽しそうだなと思ったりして、エスカルゴを生み出した日産だけに、もしかして期待できるのではないかと、一瞬だけ思った次第です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します