サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 走り、乗り心地ともに改善されたメルセデス新型CLAだが全幅のワイド化は気になる

ここから本文です

走り、乗り心地ともに改善されたメルセデス新型CLAだが全幅のワイド化は気になる

ワイド&ロー感が大幅に強められた

まず目をひくのは、やはりそのデザインだ。先代メルセデス・ベンツCLAが厚い支持を集めた一番の要素は、新型ではどのように進化を果たしたのか。プロポーションの美しさこそ、最初に触れるべきだろう。先代のやや頭でっかちな印象は無くなり、フォルムは伸びやかに。実際、全長は48mm伸ばされて4688mmにまで達している。実はこれ、同じ本国仕様の数値でCクラスをわずか2mmとは言え上回る大きさだ。

同時にノーズ前端も約50mm下げられているといい、ずいぶんバランスが取れた印象である。全幅も一気に53mm広げられて1830mmにまで成長した。見たところ、もっとも張り出しているのはリアフェンダー。これもまたフロントに寄っていたボリューム感を、うまく分散させることに繋がっている。一方で全高は2mm下げられているから見た目のワイド&ロー感は大幅に強められた。

そしてシンプルなサーフェスだ。兄貴分たるCLSから採用されたメルセデスの最新のデザイン言語“センシュアル・ピュアリティ”に則り、ボディ表面からはキャラクターラインの類が可能な限り削ぎ落とされている。代わりに滑らかな曲面を描くボディに映り込む光によって、陰影が浮かび上がってくるのが、その特徴。だから室内と屋外ではまったく違った表情を見せるのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します