サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > MC版ホンダ ジェイドを発表。2列5人乗り仕様の追加で販売巻き返しへ

ここから本文です

MC版ホンダ ジェイドを発表。2列5人乗り仕様の追加で販売巻き返しへ

ホンダは5月17日、低全高の3列6人乗りミニバン「ジェイド」に、2列5人乗り仕様の追加をはじめとする変更・改良を加えて発表した。ジェイドは2015年にオデッセイやストリームの流れをくむ、一般的な立体駐車場に入る“都市型”ミニバンとして登場するも、価格面や2~3列目の使い勝手の悪さ、ヒンジドア採用などによる人気低迷によって販売が苦戦。昨年は2000台弱の販売台数にとどまっていた。

ステーションワゴンとして再出発

これまでガソリン車のみに設定されていた「RS」を、スポーツハイブリッドi-DCD搭載のハイブリッド車にも設定し、2列5人乗り仕様へと変更。今後はステーションワゴンとして訴求を図るという。3列目を廃したことで後席は「レジェンド並みの広さ」という広々としたスペースを実現。2列仕様専用に厚みのあるシートを採用したほか、アームレストとは別にカップホルダー付きの反転テーブルも装備する。ラゲッジスペースは5ナンバーサイズの同社シャトルや、サイズ的に競合しそうなスバル「レヴォーグ」より小さいものの、ゴルフバッグ4個が積載可能な440Lを確保した。なお、これまでの3列6人乗り仕様も「X(ハイブリッド/ガソリン)」グレードとして販売が継続される。

ガソリン、ハイブリッドともに走りを向上

RS(ガソリン車)のCVT制御を専用セッティングし、多段ATのようなシフトアップで高回転域の加速フィーリング向上を狙った「全開加速アップシフト制御」を追加。またブレーキ減速時に最適なエンジン回転に自動変速してエンジンブレーキをかける「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」も装備した。ハイブリッド車では、スポーツハイブリッド i-DCDのギアレシオ変更と駆動力制御を見直し、特に発進加速時のレスポンスを向上させたという。安全面では歩行者事故低減ステアリング機能を新たに採用した「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備する。

フロントデザインを変更

RSは主にフロント周りのデザインを変更。ヘッドライト、フォグランプともにLED化し、グリルにはよりスポーティ感を高めるハニカムメッシュを採用した。またRS専用ボディカラーとしてプレミアムクリスタルオレンジメタリックを新設定。RSとXではブラックルーフ仕様の選択も可能になった。

グレード設定と価格

-2列5人乗り仕様
・G ホンダセンシング:239万8680円
・RS ホンダセンシング:255万8520円
・ハイブリッド RS ホンダセンシング:289万8720円

-3列6人乗り仕様
・X ホンダセンシング:274万8600円
・ハイブリッド X ホンダセンシング:308万8800円

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します