サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 豪華絢爛ジュネーブMSからガラスの工場へ、クルマ界のミライを探る

ここから本文です

豪華絢爛ジュネーブMSからガラスの工場へ、クルマ界のミライを探る

豪華絢爛ジュネーブMSからガラスの工場へ、クルマ界のミライを探る

VWがジュネーブでワールドプレミアした「セドリック(Sedric)」は、レベル5の完全自動運転を実現するピュアEVのコンセプト。車名はSelf-driving-carの略。

大きな変革期を迎えているクルマ界

クルマ界はいま、大きな変革期を迎えている。内燃機関から電動パワートレーンへ、運転は人からオートメーションへ、個人所有からライドシェアの時代へ……。今後10年の変化は、これまでの100年よりも大きなものになる可能性すらある。ジュネーブショーや独ドレスデンなどの取材を通し、改めてそうした思いを強くした。

まずはジュネーブから簡単に振り返ってみよう。富裕層が集まる土地柄だけに、相変わらずフェラーリを筆頭としたスーパーカーブランドやロールス・ロイスなどの超高級ブランドへの注目度は高い。だが、それらが表の主役だとしたら、裏の主役は間違いなくEVやPHEVだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します