サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > モト・グッツィ「V85 TT」はその風貌だけでなく乗り味も含めてあえて選ぶモデル

ここから本文です

モト・グッツィ「V85 TT」はその風貌だけでなく乗り味も含めてあえて選ぶモデル

日本自動車輸入組合(JAIA)主催の2輪車試乗会に参加してきました。試乗するのはもちろんすべて輸入車。その中で気になったモデルをチョイ乗りしたのでレポートします。

伝統の空冷縦置き90°Vツインエンジン&シャフトドライブを守り続けるイタリアの「モト・グッツィ」からニューモデルの登場です。「V85 TT」はそのクラシカルな風貌とは裏腹に最新のエンジンを搭載し、3つのライディングモード、TFTディスプレイのデジタルメーターなど、内容はモダンなものとなっています。

エンジンは853cc空冷V型2気筒2バルブOHV。クランクシャフト、コンロッド、ヘッド周り、さらにはオイル回路も完全な新設計。同じく新設計となったクランクケースは、フレームとの接続部と内部スタッドボルト周りの構成部品を強化。エンジン自体がフレームの強度メンバーとしての役割も果たしています。潤滑にはセミドライサンプを採用しています。

ライディングモードは「ロード」、「レイン」、「オフロード」の3種類で、「ロード」はいわゆるノーマルモード。「レイン」はスロットルレスポンスを穏やかに。「オフロード」はトラクションコントロールを最弱にしてABSはフロントホイールのみ作動(状況によってはフロントの作動も無効することもあり)と、それぞれのシチュエーションに合わせてセレクトできます。

TFTディスプレイのデジタルメーターはスピードメーター、タコメーター、距離計、時計、シフトポジションインジケーター、気温、燃料計、平均/瞬間燃費、残走行可能距離、現在のライディングモードなどを表示。ディスプレイ横とシート下にUSBポートを装備しています。

大柄な車体にまたがるとロングツーリングでは強い味方となる大きめのシートの影響で身長170cmの編集は完全につま先立ちで、乗る人の体格を選びそう。キーを回すと今どきなデジタルメーターがおしゃれなオープニングを展開します。セルはゆっくりと回転し、縦置きらしい回転方向の振動を味わいながらエンジン始動。走り出しなどに特にクセはありません。全体的にゆっくりとした挙動で、ヒラヒラ感のようなものは皆無。良く言えばどっしりとした乗り味で、あえて言うなら動き全体が重たい感じ。コーナーなどは予め動きを想定して、エイヤッと曲がるイメージです。

しかしそれこそがこのバイクの持ち味であり、あえてモト・グッツィを選ぶ理由なんだろうなとなんだか妙に納得してしまいました。ひたすらに軽快で乗りやすい昨今のバイクとは全く違う、すなわちクラシカルな乗り味がこの「V85 TT」で楽しむことができそうです。

価格はレーシーでレトロ調の雰囲気がある「プレミアムグラフィック」が142万5600円、単色がモダンな雰囲気の「スタンダードグラフィック」が139万8600円となっています。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します