サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 2代目スペーシアが登場。50mmの全高アップとマイルドHVでライバルを猛追

ここから本文です

2代目スペーシアが登場。50mmの全高アップとマイルドHVでライバルを猛追

スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア」が初めてのフルモデルチェンジを実施し、12月14日に発売された。新型スペーシアは、デザインモチーフとしたスーツケースのように、“より機能的かつワクワクできるクルマ”を目指して開発されている。

スタイルは標準の「スペーシア」と迫力の「カスタム」を設定。パワートレーンは「NA」と「ターボ」を設定しつつ、全車にマイルドハイブリッドを搭載した。

また、前進(単眼カメラ+レーザーレーダー)&後退(赤外線センサー)時の自動ブレーキや誤発進抑制機能などを全車に標準装備するほか、フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイや360°3DビューなどもOPで用意する。これらはいずれも軽自動車初(※)。価格はスペーシアが133万3800円~158万9760円、スペーシアカスタムが157万6800円~190万8360円。

※2017年12月現在・スズキ調べ

より広く、より快適に、より安全に

新プラットフォーム・ハーテクトを採用した新型スペーシアのボディサイズは、全長3395(先代比±0)×全幅1475(同±0)×全高1785(同+50)、ホイールベース2460mm(同+35)。低床をキープしながら全高をライバル車のダイハツ・タント(1750mm)以上、ホンダ・N-BOX(1790mm)と同等とし、室内の前後左右高さのすべてを拡大して、より広くて快適な空間と乗り降りのしやすさを実現している。

後席スライドドアは、開口部の幅も高さも+20mm拡大。さらにスライドドア開閉の一時停止や、閉まる動作中にドアロックまで予約できる新機能をプラスするなど、利便性を高めた。

前席は実際の寸法もさることながら、立ち上げたフロントガラスやインパネ形状の工夫によって、開放感や運転のしやすさを向上している。また、ステアリングのチルト量やリフター量を増やして最適なドラポジを取りやすくしたほか、側方や後方視界を確保するミラーも新設定。運転支援システムの充実だけではなく、細やかな配慮によって総合的な安全性を高めた。

クラス最軽量ボディにマイルドハイブリッドを搭載

ボディ全体における超高張力鋼板の使用率を高め(先代11%⇒新型16%)、軽ハイトワゴン最軽量の車重850kg(※)を達成した新型スペーシアには、今年2月に登場した新型ワゴンRと同様、高出力化したISG(モーター機能付発電機)と大容量化したリチウムイオンバッテリーによるマイルドハイブリッドが搭載された。

これにより、モーターによるクリープ走行(最長10秒)やモーターアシスト(最長30秒)を実現。さらに新機能として、ISGによるモーターアシストを最大化する「パワーモード」も用意している。JC08モード燃費は、2WD車が30.0km/L~25.6km/L、4WD車が26.4km/L~24.0km/L。

※参考:ホンダ・N-BOX=900kg、ダイハツ・タント=920kg

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します