サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ゴルフ初のクロスオーバーワゴン、ゴルフ オールトラック発売

ここから本文です

ゴルフ初のクロスオーバーワゴン、ゴルフ オールトラック発売

7月21日、ゴルフ・シリーズ初のクロスオーバー4WDモデル「ゴルフ オールトラック」が発売された。価格は「ゴルフ オールトラック TSI 4モーション」が輸入車4WDモデルで最も安価となる347万円、レーンキープアシストやバイキセノンヘッドランプなどを装着した「ゴルフ オールトラック TSI 4モーション アップグレードパッケージ」が20万円高の367万円となる。

ベースはゴルフ ヴァリアント

ゴルフ オールトラックのベースはステーションワゴンモデルのゴルフ ヴァリアントだ。クロスオーバー化にあたり最低地上高が25mm高められたほか、前後のバンパーにクローム装飾、ドア下部にブラックのサイドシル、ホイールハウスにもブラックのエクステンションが巻かれ、クロスオーバーらしさを演出する。

ヴァリアントでも自慢の605~1620Lのカーゴ容積は4WDのオールトラックでも共通。インテリアでは「ALLTRACK」ロゴ入りのドアシルプレートやシート表皮などが専用だ。

ゴルフ・シリーズ初の1.8Lエンジン

ワゴンの積載力や4WDならではの走破性に合わせて、エンジンはゴルフ・シリーズ初となる1.8リッターTSIエンジンを採用。トランスミッションは大トルクに対応する湿式クラッチを使った6速DSGが組み合わされる。JC08モード燃費は14.7km/L。

4WDシステムは最新世代の電子制御多板クラッチを持つ「ハルデックス5」で、路面状況などに合わせて前・後輪ともに0-100%までトルク配分する。前後輪とも左右輪間のトルク配分は横滑り防止装置のブレーキ制御を使ったEDS(エレクトロニック ディファレンシャルロック)を行う。さらに、低負荷域(コースティング時)はリアアクスルを駆動系から切り離して燃料消費を抑えるほか、スタート/ストップシステムやブレーキエネルギー回生システムも装備する。

オフロード専用の走行モードを装備

走行モードを切り替えるドライビングプロファイル機能には「オフロードモード」が追加された。ABSのホイールロック間隔が専用制御となり、下りで一定の車速に自動制御するヒルディセントアシストが付き、アクセルコントロールも微調整できるペダル特性に変更される。

ゴルフ譲りの充実した先進安全装備

シティエマージェンシーブレーキ機能付のプリクラッシュブレーキシステムや、ドライバー疲労検知システム、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールなどは両グレードに標準装備。アップグレードパッケージにはさらに、ステアリング補正も行うレーンキープ機能や、バイキセノンヘッドライト&ダイナミックコーナーリングライトなどが標準となる。

また、ナビやオーディオを集約した純正インフォテイメントシステムの「ディスカバープロ」や、電動パノラマスライディングルーフ、レザーシートパッケージなどはアップグレードパッケージのみで選択可能になっている。

<スペック>

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します