サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > CX-30はどんな人向けのSUVなの? ディーゼルやBOSEオーディオの選択も意外に悩ましい

ここから本文です

CX-30はどんな人向けのSUVなの? ディーゼルやBOSEオーディオの選択も意外に悩ましい

国産車には珍しい美しさ最優先のSUVモデル

CX-30のディーゼル搭載グレード「XD」に編集が試乗しました。2019年9月に発売されたマツダ「CX-30」は、2020年1月で約3000台と、今のところ想定に近い売れ行きを見せています(月販目標は2500台)。

外観は上下に薄く、ノーズが長く見えるSUVクーペ風のシルエットが特徴的で、「CX-5」と比べるとぐっとスポーティな印象。全高も1540mmで立体駐車場ユーザーにも使いやすくなっています。取り回しやカッコよさを取るか、室内の広さを取るかで迷いそうですが、荷室容量は意外に広い430Lを確保しています。

デザインへのこだわりは内装にも徹底され、シートやソフトパッド類や化粧パネルの上質感、大人っぽいセンス、色温度まで吟味された美しい車内のイルミネーション、精緻なメーターなどにうっとりしてしまうのは、サイズ的にも並ぶライバルのトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」、スバル「XV」にとって羨ましい部分でしょう。

試乗した「XD Lパッケージ」(306万9000円、試乗車はオプション込みで358万4880円)は白か黒のレザーシートが標準で選択可能。前席は肩周りまでソフトなクッションで包まれて快適です。後席もつくりは同じですが、座面やバックレストが少しタイトに感じられました。また、天地が薄いサイドウインドウや太いCピラーで斜め後方の視界はそれほど良くありません。

一般道ではアクセル操作に繊細に反応する1.8Lディーゼルエンジンの躾の良さや、マツダらしいリニアなブレーキフィールに感心します。ただ、流れに合わせて加速したい時などは、低回転トルクの細さを感じるシーンも。高速道路などでの全開に近い加速でも同様の印象を持ったので、ディーゼルエンジンのパワー感に期待する人は要チェックです。燃費は撮影のセッションも含めて、都内~千葉~横浜エリアを走って15km/L前後でした。

次のページ>>コーナーリングより雰囲気や音楽を楽しみたくなる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します