サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > フォルクスワーゲンのSUV攻勢が加速 新型コンセプトカー2台を披露

ここから本文です

フォルクスワーゲンのSUV攻勢が加速 新型コンセプトカー2台を披露

電動車両とSUV。いまフォルクスワーゲンがもっとも注力しているのがこの2つカテゴリーだ。3月のジュネーブモーターショーでは、EVのフラッグシップを想定した「I.D.ヴィジョン」を発表。そして3月末から4月初旬にかけて北米で開催されたニューヨークオートショーではSUV系モデルのラインアップを強化する新型クロスオーバーとピックアップのコンセプトカーを披露した。

1台は「アトラス クロススポーツ」。最近のトレンドであるクーペフォルムを取り入れたSUVのコンセプトカーで、北米を主要市場に想定したものとなる。フォルクスワーゲンが北米市場で昨年より販売している「アトラス」が典型的なSUVであるのに対し、アトラス クロススポーツはより個性的なスタイルを求めるユーザーに向けたものとなる。

アトラス クロススポーツは、すでに市販されることが決定している。アトラス同様に新世代のMQBプラットフォームをベースとし、アトラスが7人乗り、アトラス・クロススポーツは5人乗りモデルとなる。組み立てはフォルクスワーゲンの米テネシー工場で行われる予定。

アトラス クロススポーツのパワートレインには、最大70kmのEV走行が可能なプラグインハイブリッドバージョン(PHV)と、ハイブリッドバージョン(HV)が用意される。駆動方式はいずれもAWDで、システム全体でPHVは360ps、HVは314psを発生する。

次のページ>>アトラス タノーク

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します