サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 10年ぶり登場の新型グランドチェロキーは700万円台後半~1000万円の高級SUVに超進化! アルファードの豪華グレードもライバルか!?

ここから本文です

10年ぶり登場の新型グランドチェロキーは700万円台後半~1000万円の高級SUVに超進化! アルファードの豪華グレードもライバルか!?

レンジローバーやメルセデス GLS、BMW X7に匹敵するフルサイズ

「ジープ グランドチェロキー」が約10年ぶりにフルモデルチェンジした。一番のトピックは、5世代目にして初めて3列シートを備えた6人乗り、7人乗り仕様が登場したこと。従来どおりの2列目シート、5人乗り仕様も存在するが、3列シートのグランドチェロキーLのみが先に日本導入された。「L」が付かない2列シートのグランドチェロキーの日本導入時期は未定だが、今年のどこかで入ってくると思われる。

Lというだけあって、新型は全長5200×全幅1980×全高1815mm(コイルサス仕様)、1795(エアサス仕様)mm、ホイールベース3090mmと大きい。「メルセデス・ベンツ GLS」、「BMW X7」、そして発表されたばかりの新型「レンジローバー」のローングホイールベース版など、3列シートをもつ各ブランドのフルサイズSUVとほぼ同じサイズだ。

廉価グレードでも800万円弱。上位グレードは2列目キャプテンシート

7スリットグリル、台形ホイールアーチといった歴代モデルに通じる外観上のお約束を守ったうえで、グリルの角度を逆スラントさせるなどの新しいディテールも散りばめられたデザインとなった。上級のサミット リザーブはグリルの各スリット内のドットまでクロームで、なかなかオーセンティックだ。どことなく「ジープ ワゴニア」を思い出させる雰囲気があって、オールドファンを喜ばせる。

「サミット リザーブ」と「リミテッド」というふたつのグレードが設定される。前者はエアサスを装備し、2列目シートが左右独立したキャプテンシートの6人乗り仕様で、インテリアの仕立てや装備も充実した上級グレード。999万円。後者はコイルサス、2列目が3人掛け一体型の7人乗り仕様の廉価グレード。788万円。廉価グレードというのはあくまで相対的な表現で、リミテッドでもレザーシートをはじめ、十分に豪華な仕立てだ。サミット リザーブはレザーの質がより高く、一部にキルティングステッチなどの装飾が入るほか、ナイトビジョンも備わるなど、豪華装備。タイヤ&ホイールもリミテッドが18インチなのに対し、21インチがおごられる。

>>次のページ:3.6リッターV6エンジン×8速ATのパワー感は必要十分

>>ジープ グランドチェロキーのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

>>ジープ グランドチェロキーの中古車価格を見てみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します