サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 進化したアイサイトは高速道路の幅広いシーンでほぼ自動ハンドルが可能に

ここから本文です

進化したアイサイトは高速道路の幅広いシーンでほぼ自動ハンドルが可能に

新型アイサイトは自動ハンドルの作動領域が広がる

スバルの先進運転支援システム「アイサイト」が、この夏マイナーチェンジする「レヴォーグ」「WRX S4」から進化します。最大のトピックは新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」と後退時自動ブレーキシステムの搭載で、どちらのモデルも全車に標準装備。また、後側方警戒支援・ハイビームアシスト・スマートリヤビューミラーなどを含むアイサイトセイフティプラスも採用。今回は新型レヴォーグと新型WRX S4の写真もあわせて、注目のアイサイト・ツーリングアシストを紹介します。

新しいアイサイト・ツーリングアシストは高速道路走行がさらにラクになります。主に、現行システムでは60-65km/h以上で作動する、自動ハンドルによる車線維持の作動条件が大幅に広がり、レベル2の自動運転が可能になります。

==========
<自動ハンドルで車線維持か前走車に追従する条件>
・車線がしっかり見えている場合:全車速域で白線中央を維持
・混雑や渋滞で車線や遠方が隠れて見えない場合:40km/h以下で先行車と車線を組み合わせて車線中央を維持
・車線が消えた道路や、渋滞でトラックなどに隠れて車線が見えない場合:60km/h以下で先行車に追従
==========

この進化は主にソフトウェアの改良によるもので、カメラユニットは従来品ながら、白線の認識性能を向上させたとのこと。かすれや破線の認識性能が上がったほか、現行システムでは両側の白線が見えないと認識できなかったのが、途中で片側のみになっても車線を維持できるシーンが広がりました。また、60km/h以下であれば車線を見失っても、先行車についてハンドルを制御してくれます。※あくまで車線維持がメインなので、先行車が白線をまたいだ場合は、自車は車線を維持します。

さらにカーブでの車線認識性能も上がり、よりきついカーブや、より高速(100-120km/h)で曲がるカーブでも自動ハンドルでカーブの車線をキープ。レーンチェンジを除く高速道路上の車線内であれば、ほぼ全域&全車速でハンドル・アクセル・ブレーキを自動制御してくれるようになっています。もちろん、道路コーンをはじめとする障害物や、車線が次第に収束していくレーンなどは見てくれないので念のため。

細かいところでは停止中でもDレンジであればACCをONにできるようになりました。さらに、現行システムは完全停止した後、ボタン操作かアクセルを踏まないと再発進しませんでしたが、新システムは完全停止でも3秒以内なら自動で再発進。また、現行のステアリング制御では切り過ぎて戻すような場面でも、より自然に中央を維持できるようになっています。さらにアイサイトの弱点だったトンネル出口の光線のコントラスト変化によってキャンセルされてしまうケースも80%近く減少しているとのこと。

JARIのテストコースでは簡単な試乗も体験。現行システムに比べるとハンドル制御が自然で、しかも途切れないため、新システムはよりリラックスできる運転アシストになっているようです。高速道路ではありえないほどのRのきついカーブでは、流石に車線を見失うシーンもあったのですが、この辺りは自動レーンチェンジなども含めてこれからの課題ということになるのでしょう。

気になる価格ですが、レヴォーグもWRX S4も現行モデル比で数万円のアップになりそうです。また、現状は自社開発するステレオカメラの画像解析技術のみを使うアイサイトですが、今後は車両の四隅に24GHzのショートレンジ系ミリ波レーダーを配置したり、ダイナミックマップを併用して認識精度を上げていく予定とのこと。一方、75GHzのロングレンジ系ミリ波レーダーとの組み合わせや、自動運転で必須といわれるライダー(LIDAR)については今のところ具体的な計画などはないということです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します