サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 2代目ミニ・クロスオーバーが日本発表。さらに大きくさらに高級化

ここから本文です

2代目ミニ・クロスオーバーが日本発表。さらに大きくさらに高級化

ビッグなミニがさらに大きく

ミニって我々が思っている以上に売れている。日本市場では8年連続で前年超えを果たし、2016年には実に2万4548台を販売した。この台数はブランド別の新車販売ランキングでも、メルセデスやBMW、VW、アウディに次ぐ堂々の5位に位置する。コンパクトカーが得意なフランスやイタリア勢にも大きな差をつける人気ブランド、ということになる。

そんなミニが2月23日に日本で発表した新モデルが、2代目へと進化するクロスオーバーである。このモデルを1月の末に、イギリスのロンドン近郊で試乗してきたのでレポートしよう。

ミニのラインナップの中で、クロスオーバーはもともと特異な成り立ちを持っていた。先代クロスオーバーは当時のミニのラインナップとは一線を画すモデルとして、専用設計のプラットフォームを用いていた。なのでこのモデルが登場した時から、ノーマルのミニとは別の大きなボディの“ビッグなミニ”であることが売りだった。しかも実際に出してみるとクロスオーバーは結構な台数を稼いだのだった。

そして現在では、ミニは3ドア/5ドア/カブリオレの各モデルが新世代モデルへと移行を果たしており、またクラブマンも先にフルモデルチェンジして新世代モデルとなっている。

そうした背景の中で、今回のクロスオーバーはクラブマンと同じプラットフォームを用いており、欧州BセグメントからCセグメントのモデルへと成長進化したのが最大の特徴である。そう、お気付きの人もいるかもしれないが、このプラットフォームはBMWが2シリーズグランツアラーやX1で用いた新世代のFF系アーキテクチャである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します