サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデスSクラスが改良。AMGモデルも大幅なパフォーマンスアップを果たす

ここから本文です

メルセデスSクラスが改良。AMGモデルも大幅なパフォーマンスアップを果たす

19日にドイツ本国で発表された新型「メルセデス・ベンツ Sクラス」のマイナーチェンジでは、高性能版たるAMG2モデル「S63 4MATIC+」と「S65」も大幅なパフォーマンスアップを果たすなどのアップデイトが施された。

「S63 4MATIC+」は排気量をダウンサイジングも出力アップ

S63 4MATIC+は、エンジンが従来の5.5リッターV8ビターボ(ツインターボ)から4リッターV8ビターボ(ツインスクロール・ツインターボ)へと排気量がダウンサイジングした一方、出力は従来モデルより27hpアップし、最高出力612hp、900Nmのスペックを得ている。

またトランスミッションは、従来のAMGスピードシフトMCT 7-speed(7速)からAMGスピードシフトMCT 9-speed(9速)へと変更された。

AWDシステムの「4MATIC+」は、ドライ路からウェット、さらには積雪・凍結路におけるパフォーマンスが追求された全天候型で、路面状況に合わせてトルク配分を連続的に変化させる機構を採用している。

サスペンションは、エアサスAIRMATICをベースとし、「AMGダイナミックセレクト」により「インディビジュアル」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の各モードにあった設定が可能なほか、センターパネルに備わる専用ボタンにより、ダンパーの設定を「スポーツ」と「コンフォート」を選択することもできる。

もちろんエクステリアは、マイナーチェンジ後Sクラスをベースに、AMG専用のフロントグリルやエアロパーツ、“ウルトラレンジ ハイビーム”付きのマルチビームLEDヘッドランプ、エキゾーストエンドなどが与えられ、ダイナミックなデザインが与えられている。

「S65」はビジュアル面を中心とした進化

一方、V12モデルの「S65」は、最高出力630hp、最大トルク1000Nmを発生するエンジンには変更なく、ビジュアル面を中心とした進化を遂げている。

またS65は、サスペンションがエアサスではなくコーナリング時にコーナー内側に傾く機能などを備えた油圧アクティブ式の「マジックボディコントロール」をベースに、スポーティなチューンが施される。

デザイン面では、AMG専用のエアロパーツなどのほか、V12専用のエキゾーストエンドにより、ハイエンドモデルであることを静かにアピールする。

次のページ>>フォトギャラリー

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します