サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 僭越ながら、第一回「国民車オブ・ザ・イヤー2018」を決定してみた(一人で)

ここから本文です

僭越ながら、第一回「国民車オブ・ザ・イヤー2018」を決定してみた(一人で)

筆者が試乗した国民車候補の16モデルがノミネート

昨年の夏頃よりここcarview!にて新時代の国民車、すなわち「安価だが高機能かつ低燃費で、それでいて大のオトナが乗るにふさわしいおしゃれ感もある実用車」を探してきた。

本稿の正確な公開日が1月の何日になるかは知らないが、おそらくはまだまだお屠蘇気分が抜けていない頃合いであるはず。であるならば、やるべきことはひとつしかない。「昨年をあらためて振り返り、まとめ、それを新しい年に活かす」である。

ということで本稿では、昨年1年間(というか実質5カ月間)に実地調査を行った国民車候補16モデルを対象に、日本カー・オブ・ザ・イヤー様をパクった「国民車オブ・ザ・イヤー2018」を勝手に主催し、ひとりで勝手に投票したいと思う。

まず、日本カー・オブ・ザ・イヤー様でいうところの「ノミネート車」は下記のとおりだ。

【NOMINATED CAR】
1. ダイハツ ミラ トコット
2. ホンダN-BOX
3. ダイハツ ブーン スタイル
4. スズキ ジムニー
5. マツダ デミオ
6. 日産マーチNISMO S
7. スズキ ジムニーシエラ
8. スズキ スイフトスポーツ
9. スズキ ソリオ
10. スズキ クロスビー
11. トヨタ カローラ スポーツ
12. スバル インプレッサスポーツ
13. ホンダ シャトル ハイブリッド
14. トヨタ シエンタ
15. 日産ノートe-POWER
16. 日産セレナe-POWER

ノミネート車は、2018年7月から2018年12月までに筆者が当企画向けに試乗した車のすべてである。ただし「日産ニューモビリティコンセプト」だけは非販売車両ということで除外している。

筆者は日本カー・オブ・ザ・イヤーについてぜんぜん詳しくないのだが、公式サイトによれば、ノミネート車のなかからまずは「10ベストカー」というのを選出するらしい。

本家のほうは今回、計27台のノミネート車から10台を選出したようだ。ならばパチモノであるこちらもそれと同比率にして、「16台のなかから選んだ6ベストカー」をまずは選出してみよう。選出基準は冒頭で挙げたとおりである。すなわち、

・安価か?
・それでいて高機能かつ低燃費か?
・大のオトナが乗るにふさわしいおしゃれ感もある実用車か?

という3つのポイントだ。

ただし本家と違ってこちらの選考委員は筆者ひとりしかいない。極力フラットに審査するつもりではあるが、どうしたって主観(要するに好み)が少々混じってしまうことは、あらかじめご承知おきいただきたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します