サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス、GLC/GLCクーペのマイナーチェンジを本国で発表。欧州と米国で今夏販売開始

ここから本文です

メルセデス、GLC/GLCクーペのマイナーチェンジを本国で発表。欧州と米国で今夏販売開始

独メルセデス・ベンツは、ミッドサイズSUV「GLC」と「GLCクーペ」のマイナーチェンジモデルを本国で発表した。

2015年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされたGLCは、「Cクラス」をベースとするクロスオーバーSUV。翌年には低められたルーフをはじめとするスポーティな装いのGLCクーペが追加され、早々にメルセデス・ラインアップにおいて人気SUVの座を得ている。

このたびそのGLCファミリーに、フェイスリフトを含む大がかりな改良が実施された。エクステリアは前後バンパーとフロントグリルがさらに力強いデザインへと一新されたほか、新意匠のLEDハイパフォーマンスライトが全車標準となった。また、リアのLEDコンビネーションランプも一新されている。

インテリアには最新のメルセデスに共通の先進装備が与えられた。メーターパネルはオプションでフルデジタルパネルが選択可能となり、インフォテイメントシステムは、標準で7インチ、オプションで10.25インチのタッチパネルを採用。そのコントローラーはロータリー式からタッチコントロール方式へと変更された。もちろんAIを用いた音声認識システム「MBUX」も搭載されている。

パワートレインはガソリン、ディーゼルともに新世代の4気筒ユニットとなった。うち、ガソリンエンジンには「CAMTRONIC」と呼ばれるバルブタイミングシステムや、48V電装で駆動するスタータージェネレーター「EQブースト」が採用され、アジリティの向上と低燃費を両立している。

駆動方式は全車AWD。足回りにはオプションで、ダンピングコントロール付きの「ダイナミック ボディ コントロール」サスペンションや、よりコンフォートな味付けのエアサス「エア ボディ コントロール」も用意される。

発売時のラインナップは以下のとおり。すべてにクーペバージョンが設定される。改良モデルは、欧州と米国では今夏に販売開始となる予定だ。

・GLC 200 4MATIC(197hp/320Nm)
・GLC 300 4MATIC(258 hp /370Nm)
・GLC 200 d 4MATIC(163 hp /360Nm)
・GLC 220 d 4MATIC(194 hp /400Nm)
・GLC 300 d 4MATIC(245 hp /500 Nm)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します