サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > バブルの申し子2代目ソアラのエアロキャビンも今ではすっかりアクが抜けていい人オーラぷんぷん

ここから本文です

バブルの申し子2代目ソアラのエアロキャビンも今ではすっかりアクが抜けていい人オーラぷんぷん

今年も幕張メッセで開催されたヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル」の取材に行ってきました。ネオクラ(ネオ・クラシック)な展示が注目された今回の同イベントにおいて、「Neo Classic 80’s」という、ど直球な展示テーマを掲げていたのがトヨタのブースです。

目玉がスープラなのはわかるのですが、ここはちょっとへそ曲がり気味に、「ソアラ」をご紹介していこうと思います。展示されていたソアラは、1986年に登場してバブル景気に乗って大ヒットした2代目のMZ20型。しかも、500台限定で1989年に発売された、レアな格納式メタルトップ搭載の「エアロキャビン」仕様となります。

メタルトップ格納のためいさぎよく後席を廃して2人乗りとなっていて、その分、短くなったキャビンスペースと、人が何人か寝られそうなくらいに長くなったリアデッキの組み合わせで、特徴的なサイドビューとなっています。

メタルトップの開閉方法は、いたってシンプル。トランクの上蓋が後ろヒンジで立ち上がり、その空いたスペースに、リアガラスの下端を支点にして、ルーフとリアガラスが2つ折りになって折りたたまれます。

YouTubeで「ソアラ エアロキャビン」で検索すると、その開閉模様が見られると思いますが、今の感覚だと「あれ?スロー再生かな?」と思うほど、のんびりしていて、スマホのストップウォッチで計測してみると、おおよそ35~40秒ほどかかっているようでした。

ちなみに同じように2代後のソアラ、のちのレクサス SC430のメタルトップの開閉時間を計測してみると、20~25秒ほどで、その世代間の15年ほどの進化を見て取ることができました。

ところで、ソアラのオープンというと、陽気なヤンキー漫画の金字塔、「シャコタン☆ブギ」で、チェーンソーで屋根をぶった切られてオープンになったソアラが、走行中に車体真ん中からボッキリ折れるというエピソードがあったような気がしましたが、覚えている方、いらっしゃるでしょうか?

とまぁ、それはそれとして、バブル経済が始まったと言われる1986年に販売が開始され、バブル崩壊が起こった1991年に時を同じくして販売終了となった2代目ソアラ。まさに“バブルの申し子”、ジ・エイティーズと言えるのではないでしょうか。

【 トヨタ ソアラのその他の情報 】
トヨタ ソアラ エアロキャビンの中古車一覧
トヨタ ソアラ エアロキャビンのカタログ情報
トヨタ ソアラの買取相場

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します