サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ロールス・ロイス ファントム、オプション込み7500万円の後席にちょい乗り

ここから本文です

ロールス・ロイス ファントム、オプション込み7500万円の後席にちょい乗り

2月某日、毎年恒例のJAIA輸入車試乗会が大磯プリンスホテルで開催されました。今年も23ブランドからさまざまな試乗車が用意され、ちょい乗りながらもイッキに試乗することができる貴重な1日に。その中から、caview!編集チームが注目したモデルを紹介していきます。第1弾は「ロールス・ロイス ファントム・エクステンデッド・ホイールベース」。非日常的な試乗体験となりました。
====

1月に日本で発表されたロールス・ロイス ファントム(5460万円~)のストレッチ版、エクステンデッド・ホイールベース(6540万円~)の後席に初めて試乗することができました。「せっかちな社長さんが多く、目的地に着いたらすぐに後席ドアを開けるためなんです」という理由からなのか、日本でもほとんどが左ハンドル仕様というファントム。全長5990(ベースモデルは5770)×全幅2020×全高1645mm、ホイールベース3770mm(同3550)という堂々サイズで室内はもちろん広々。敷かれたカーペットは毛足3cmほどもあろうかというフワフワもので、砂埃付きスニーカーで乗車するのに少し躊躇しました。

後席に乗り込んですぐに発進。車両重量2750kgの巨体を最高出力571ps、最大トルク900Nmを発揮する6.75リッターV12ツインターボが引っぱります。といっても、発進から60km/h+αで流れる自動車専用道路の合流、加速まで、すべての挙動が至ってスムーズで静か。ホワイトボディに施された吸音処理や130kg以上も使用したという遮音材が効いているのでしょう、これならシートを倒して朝までゆっくりと寝られそうです。ちなみに試乗車はオプション込みで約7500万円。実際はオーダーメイドが大半ということでオプションの詳細は確認できませんでしたが、オーディオや映像が楽しめるモニターやマッサージ機能はもちろんのこと、夜空を模したダークな天井にはキラキラと星が輝いていました(豪華インテリアの詳細はぜひ写真でご確認ください)。

試乗車のドライバーを務めたくれた方に操作性について尋ねると、まず先代よりも見切りが大幅に向上したとのこと。先代はボンネットの先にある段差や障害物の位置などがつかみ難かったそうですが、新型はこの大きさにもかかわらず運転しやすいそうです。また細い道では後輪操舵が装備されたことによって格段に安心感が増したとのことでした。

最後に細かいところで1つ。「RR」のロゴマークが付いたホイールのセンターキャップですが、走っている際にもタイヤと一緒に回転せず常に正対したまま、どっしりとして不動です(よく見ると少しだけゆらゆらしていますが…)。構造的にはキャップ裏のおもりとベアリングの作用によるもので意外にシンプル。聞けばロールス・ロイスの全てのモデルに共通の仕様ということで、キャラクターに合った仕掛けだなと納得させられました。しばしのVIP気分を味わいつつも、どこか落ち着かない部分も感じたファントム後席への初試乗。このクルマで日常的に移動される御仁の気持ちを想像しながら、ロールス・ロイス ファントムを後にしたのでした。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します