サイトトップへ

サイト
トップへ

地震情報 2020年1月28日 19時16分 気象庁発表
1月28日19時13分ごろ地震がありました。
[震源地] 青森県東方沖  [最大震度] 3 今後の情報にご注意ください。詳細
地震の速報を、スマートフォンのアプリやメールでも受けとることができます。防災速報について

現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レグノシリーズ新型「GR-XII」試乗 摩耗しても静かなタイヤを目指した

ここから本文です

レグノシリーズ新型「GR-XII」試乗 摩耗しても静かなタイヤを目指した

今回はさらなる低燃費化と摩耗後の静粛性向上に焦点を当てた

「レグノGR」シリーズは、スポーツ系の「ポテンザ」と並び、ブリヂストンのフラッグシップブランドとして38年の長い歴史と人気を持続してきた。ラグジュアリーサルーンを中心に固定ファンが多い超ロングセラー商品である。最新モデルは3種で構成。ミニバン専用の「GRVII」、軽自動車専用の「GRレッジェーラ」、そして乗用車用の「GR-XI」があり、今回「GR-XII」に生まれ変わった。

GRとは「グレートバランス・レグノ」を意味している。乗り心地、静粛性、エコ、ウエット、ドライ、高速安定性の6項目を高次元でバランスさせることがブランドコンセプト。そして新型は、その都度6項目すべてが同時に向上するわけでなく、技術トレンドと時代のニーズに合った性能が引き上げられる。今回のGR-XIIは、さらなる低燃費化と摩耗後の静粛性向上に焦点を当てて開発された。

実はこのあたりがレグノの面白いところで、新型が出るたびに「今回はどのような性能バランスで仕上げているのか」といった点に興味がわく。剛性の高い走り味は回転方向指定型の最終形、「GR-8000」あたりが頂点だったと記憶している。2007年デビューの「GR-9000」は非対称デザインとサイドブランチ型消音グルーブを初採用。剛性は若干ダウンして快適路線に舵を切った。2011年の「GR-XT」は初めて低燃費タイヤ基準をクリアしたが剛性を落としすぎたイメージ。2015年の「GR-XI」は剛性を向上できるダブルブランチ型消音器を新採用。センターとショルダー部の剛性がアップした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します