サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 最強ポルシェ911GT2RSに「ポルシェは乗りやすくなった」は通用しない

ここから本文です

最強ポルシェ911GT2RSに「ポルシェは乗りやすくなった」は通用しない

ウラカンを5秒突き放す市販車最速の6分47秒3をマーク

「誰が一番かハッキリさせてやろうじゃないか」

ポルシェAGのメンバーの、そんな声が聞こえてくるかのようだ。「ポルシェ 911 GT2 RS」がニュルブルクリンク旧コースで叩き出した最速ラップタイムは6分47秒3。「ポルシェ 918 スパイダー」を破り、市販車最速の座に君臨していた「ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ」の6分52秒01を再び、5秒も突き放す驚速ぶりである。

このマシンを手掛けたのは、ヴァイザッハにあるポルシェ モータースポーツ部門。速さのカギはレースカーと同じくシンプルに、圧倒的なエンジンパワー、そして徹底的な軽量化だ。

エンジンは「911 ターボ」用の3.8Lツインターボをベースに、クランクシャフトの強化、1.6barものブースト圧を許容するための圧縮比ダウン、可変タービンジオメトリー(VTG)を使ったターボチャージャーの大容量化等々により、最高出力を「911 ターボ S」の120ps増となる700psに向上させている。最大トルクは750Nm。こちらはターボSのオーバーブースト時と同様だ。

一方の軽量化は、強靭なターボ用ボディを使いつつ、可能な限りのパーツを軽量素材製に置き換えることで実現している。CFRP製フロントリッド、マグネシウム製ルーフ、化学強化ガラス、軽量カーペットにハーネス類、CFRP製バケットシート、リアシートレス、そして忘れちゃいけないフルタイム4WDに代わる後輪駆動化…と、とてもすべては書き切れないが、結果として車重はDIN数値で1470kgを達成している。参考までに911ターボ Sは1600kgである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します