サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

ここから本文です

最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

プリウスPHV(写真:トヨタ自動車)

パワートレインを目的や好みに応じて選択できる時代へ

いま巷でもっとも注目を集めている1台と言えば、プラグインハイブリッド時代の本格的な幕開けとなりそうな新型トヨタ プリウスPHVだろうか。いや、新車販売を見ればニッサン ノートe-POWERのような半電気自動車とでも言うべきシリーズハイブリッド車も売れているし、ピュアEVだってリーフがじわじわと販売を伸ばし、プレミアムカーの世界ではテスラ モデルS、モデルXがリッチ層から熱い視線を注がれている。忘れてはいけない、日本ではトヨタ MIRAI、ホンダ クラリティ フューエルセルといった燃料電池自動車(FCV)も、すでに走り回っている。

一方で、プリウスに代表されるハイブリッド車は、この国ではもはや普通の存在となっている。日本の次世代パワートレイン事情は、まさに最先端にある。

いやいや世界の変化も、これまた急だ。特にドイツ勢は2016年、こぞって将来のEV化に向けての方針を明らかにして驚かせた。フォルクスワーゲンは将来をEVに託すとして、Eモビリティのブランド「I.D.」を立ち上げた。メルセデスも同様に「EQ」ブランドの展開を発表。忘れてはいけない、BMWはすでに「BMW i」を展開中だし、ポルシェも近い将来「ミッション-E」と呼ばれるEVを登場させると宣言している。

今は押され気味にも見えるFCVにも、大きな動きが起こりそうだ。GMとホンダのコラボレーションは順調に進み、2020年頃にはプロダクトとして形になりそう。しかも、そこには今後、PSAグループも加わることになった。ドイツでも、メルセデス・ベンツ、そしてトヨタと提携したBMWが参入してくる様子だし、何より大事なインフラ整備についての動きも世界中で進行中だ。

これら次世代パワートレインが目指すものは、一番には環境負荷の低減であり、またエネルギー問題の解決である。けれど我々ユーザーにとっては、これらは単純に新しい技術、新しいドライビング感覚に触れる歓びにも繋がっている。

これから当面の間、私たちは次世代の様々なパワートレインを目的や好みに応じて選択できるようになるだろう。では、その中から一体どれが自分にもっともフィットするものになるか。ここからの解説で、イメージしてもらえれば嬉しく思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します