サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ボルボV90とS90速攻試乗。新世代プラットフォーム採用の走りは?

ここから本文です

新型ボルボV90とS90速攻試乗。新世代プラットフォーム採用の走りは?

ボルボ新世代プラットフォームの第2弾

ボルボカーズの大型サルーンである「S90」とそのステーションワゴン版の「V90」が日本導入を果たした。過日、横浜市内の一般道を試乗し、同社のフラッグシップを意味する「90」を名乗るにふさわしい先進性と快適性、それに威厳が備わっていることを確認した。

S90/V90は、2016年に日本導入された「XC90」で初めて採用された新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を用いて開発された。まもなく登場する60シリーズもこのSPAを使って開発される。今はやりのモジュラー式で、決まっているのは前車軸の後ろ数十センチの部分のみ。ホイールベース、オーバーハング、全高などは自由に伸縮することができる。

自由度の高いSPAのおかげで、S90/V90ともに伸びやかなプロポーションを実現した。具体的にいうと、短いフロントオーバーハングに対し、前車軸からドア前端までが長い。これはエンジンを縦置きするRWD車の特徴だ。メルセデス・ベンツE/Sクラス、BMW5/7シリーズといった伝統的プレミアムカーはたいていそうなっているのだが、S90/V90はエンジン横置きにもかかわらずこの比率を採用した。なぜか。そのほうがカッコいいからだ。マツダのデザイナーもこの手法が大好きだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します