サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 独アウディ、Q7のマイナーチェンジモデルを本国で発表。すべてのグレードでマイルドハイブリッドが標準に

ここから本文です

独アウディ、Q7のマイナーチェンジモデルを本国で発表。すべてのグレードでマイルドハイブリッドが標準に

独アウディは6月26日、フルサイズプレミアムSUV「Q7」の改良モデルを発表し、欧州で9月中旬から販売すると公表した。

SUVクーペの「Q8」がデビューしているものの、オーソドックスなSUVスタイルを採る車種としては「Qシリーズ」の最上位となるQ7。現行形は2015年のデトロイトショーでデビューした2代目モデルで、余裕あるサイズはそのままに、大幅に軽量化されたボディと都会的なスタイリングがアピールポイントだ。

今回、登場から4年のタイミングで、初めてフェイスリフトを含むマイナーチェンジが実施された。注目は最新のアウディテイストに変更されたフロントマスクで、グリルがオクタゴン(八角形)スタイルの力強いデザインとなったほか、レーザーライトを含む特徴的な点灯パターンのHDマトリクスLEDヘッドライトがオプション設定された。また、リアエンドにもテールライトの間を一直線につなぐクロームエレメントが追加され、視覚的なワイド感が強調されている。こうした新デザインにより、ボディサイズは若干拡大し、全長5063mm×全幅1970mm×全高1741mmとなった。

販売開始時のパワートレーンはディーゼル2種のみとなるが、すぐにガソリンとプラグインハイブリッドが追加される見込み。今回から、すべてのグレードでベルト駆動のオルタネータースターターと48ボルト電装によるマイルドハイブリッドが標準となり、ブレーキングやコースティングでエネルギーをバッテリーに蓄え、100kmあたり0.7Lの燃費改善を達成している。

インテリアも一気にアップデートされ、2枚の大型タッチスクリーンを備えたデジタルコクピットへと進化した。コネクティビティの面でもLTEアドバンスドやWi-Fiホットスポットに対応する新型MMIが装備されるほか、クラウドベースで処理を行う音声認識システムも新たに導入されている。

「BMW X7」、「メルセデス・ベンツGLS」のデビューに続き、アウディも目玉モデルを刷新したことで、大型ラグジュアリーSUV市場はさらなる盛り上がりを見せそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します