サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 屋根は開けても性能落とさず。マクラーレン 720Sスパイダー日本初披露

ここから本文です

屋根は開けても性能落とさず。マクラーレン 720Sスパイダー日本初披露

重量増というデメリットを最小限にしてオープン化を実現

マクラーレン・オートモティブは、昨年12月に英国で発表したオープントップの「720S スパイダー」を日本で初披露しました。車速50km/h以下なら走行中でもわずか11秒で開くリトラクタブルハードトップ(RHT)はカーボンファイバー製。オプションで、スイッチひとつで半透明から透明まで透過レベルが調整可能な「エレクトロクロミック・ガラス」ルーフも選択可能となっています。

ベースとなるのは同社の中核となる“スーパーシリーズ”に属するクーペの「720S」。オープン化に伴って気になる重量ですが、そのボディは「モノケージII-S」というカーボンファイバー製モノコックシャシーを採用し、横転時の乗員保護サポート構造を一体化。クーペボディに対して追加補強を行う必要がなかったため、クーペ比でプラス49kgと最小限に留められています。

ミッドに搭載されるパワーユニットに変更はなく、4.0リッターV型8気筒ツインターボに7速DCTの組み合わせで、最高出力はモデル名にもなっている720ps、最大トルクも770Nmのまま。結果、0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は341km/hとクーペと同じで、0-200km/h加速はわずか0.1秒遅いだけと、ほぼ同等のパフォーマンスを発揮します。ちなみにオープン時の最高速度は325km/hとなります。

上質なレザーやカーボンファイバー製トリムをふんだんに使ったインテリアは、「スタンダード」「パフォーマンス」「ラグジュアリー」という3種類のトリムが用意され、「ベリーズ・ブルー」と「アズテック・ゴールド」という新色を含むボディカラーも全23色から選択可能となっています。

その他、「コンフォート」「スポーツ」「トラック」という3つのドライビングモードを駆使して、浜辺のクルージングから本気のサーキット走行まで幅広く楽しめる多用途性や、ガバッと斜め前に跳ね上げるディヘドラルドア、スパイダーのために新たにデザインされた10本スポークの鍛造20インチホイール、視界の良さを生み出す細いAピラーやリアの「フライング・バットレス」と呼ばれるガラスセクションなど、マクラーレンらしい新世代スポーツカーとしての魅力を十分に備えた720S スパイダー。

日本での納車開始は3月を予定。価格は3788万8000円からと、3338万3000円からの720Sより450万5000円ほど高いプライスタグが付けられていますが、パフォーマンスがほぼ変わらず、オープンエアがその気になればいつでも楽しめるとなれば、(買える方々にとっては)納得できる出費と言えるのではないでしょうか。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します