サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > パワフルなV8を再び起用したカイエンGTSだが燃費の悪化はちょっと後ろめたい

ここから本文です

パワフルなV8を再び起用したカイエンGTSだが燃費の悪化はちょっと後ろめたい

カイエンターボのV8ターボをほぼ半分の過給圧で走らせる

ポルシェのモデルラインアップにはスタンダードから始まってS、GTS、さらにトップにターボとターボSが君臨する。これは「マカン」や「カイエン」や「カイエン クーペ」にも共通で、巧みなマーケッティング戦略を展開している。

2002年に登場した初代カイエン(9PA)は2007年のフェイスリフトを受けた時点で405馬力を発生する4.8リッターV8エンジンを搭載したGTSが初めて誕生した。しかし、カイエンは登場以来、その燃費の悪さで環境保護団体の批判に晒されてきた。最も酷かったのはターボSで、カタログによる二酸化炭素排出量は378k/km、燃費はフルスロットルでアウトバーンを走行した場合に、実測で100km走行あたり66.7リッター、すなわち1リッターで1.5kmしか走らないという結果だった。

それゆえにノルウェーでは登録時に5万ユーロ(約600万円)の課徴金を要求されたほどだ。2007年にはグリーンピースがポルシェ本社前に豚の鼻を付けたカイエンで乗り付けて抗議したほどの騒ぎが起きたが、ポルシェは2007年のフェイスリフトで405馬力の4.8リッター自然吸気V8を搭載したGTSを追加した。

そして2010年に誕生した2世代目(92A)では、GTSの初期モデルはV8だったが、2015年にはダウンサイジングを余儀なくされV6を搭載したGTSが誕生。その後、V8不在は現在にまで至ったのである。それでもGTSの人気は高く、カイエンのトータルセールス35万台の中で1万5000台がGTSだった。

ニュー・カイエンGTS、そしてGTSクーペ(E3)に搭載されるエンジンはV8で、排気量は4リッター、新しくVバンク内にレウアウトされた2基のツインスクロールターボによって最高出力は460馬力、最大トルクは620Nm、すなわち先代のV6を20馬力と20Nm上回る。実はこのGTSとカイエンターボでは同じサイズのターボを使用しているのだが、過給圧が前者は0.8バール、そして後者は1.5バールと大きな差があり、この結果90馬力のエクストラパワーを生み出しているのだ。

新型カイエンGTSに搭載されるトランスミッションはこれまで通りZF製の8速オートマチックで、2175kgのGTSクーペを100km/hまで4.5秒で加速(スポーツクロノ搭載モデル)、最高速度は270km/hに達する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します