サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス、CLAシューティングブレークに高性能版「45」と「45 S」を設定

ここから本文です

メルセデス、CLAシューティングブレークに高性能版「45」と「45 S」を設定

独メルセデス・ベンツは7月17日、「CLAシューティングブレーク」のラインアップに、ハイパフォーマンス版の「メルセデスAMG CLA45シューティングブレーク」を追加すると発表した。

コンパクトながら、スタイリッシュなデザインを特徴とするCLAシリーズ。ボディ形状は4ドアクーペと流麗なワゴンボディのシューティングブレークが用意されるが、このたびシューティングブレーク版にも高出力エンジンが搭載されることとなった。

ボンネット下に収まる2.0リッター直4ターボエンジンは、出力の異なる2種類のチューンが用意され、「CLA 45」は最高出力387hp、最大トルク480Nmを、「CLA 45 S」は421hp、500Nmを発生する。0-100km/h加速はそれぞれ4.1秒と4.0秒、最高速度は250km/h、270km/hになる。

ちなみにこれらの数値は4ドアクーペ版とまったく同じで、ワゴン化による運動性能への影響はほとんどないと言っていいだろう。組み合わされるトランスミッションは、AMG スピードシフト8速DCTだ。

駆動力は4MATICシステムによって4輪へ伝えられるが、リアアクスルには2枚のマルチディスククラッチからなる「AMGトルクコントロール」が組み込まれ、前後だけでなく後輪左右間でもパワー配分をリニアに制御する。これによって、ロードコンディションに関係なく、ハードなコーナリング時にもトラクションが確保されるという。さらに、「AMGダイナミックセレクト」を「S」モデルに備わる「RACE」モードに設定すればドリフトモードが起動し、ワゴンでも豪快なパワースライドが可能となる。

ほかにも、AMGロゴ入りの大径ブレーキやダイレクトなターンインを実現する可変レシオの電動パワーステアリングなどを装備。キャビンもフラットボトムステアリングホイールや特別なグラフィックが用意されるインフォテインメントシステムなどでレーシーな雰囲気に仕立てられている。

2.0リッターエンジンの常識を越えるハイパフォーマンスと、ワゴンならではのユーティリティを兼ね備えたAMG CLA45シューティングブレーク。日本導入を楽しみに待ちたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します