サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マカンGTS海外試乗。ポルシェSUVライン中、最もスポーティな走り

ここから本文です

マカンGTS海外試乗。ポルシェSUVライン中、最もスポーティな走り

マカンとカイエンは似て非なる存在だ

私はマカンがただのコンパクトでプレミアムでスポーティな“SUV”だとは思っていなかった。「アウディ Q5」をベースにポルシェが味付けしたマカンには、兄貴分のカイエンとは同じ種族とは思えないフシがあったのだ。そして今回、「マカン GTS」に乗って「コイツはドライバーズカーに違いない!」と直感した。新型「911 カレラ」と同じ場所で開催されたマカン GTS海外試乗会から、そのスポーティな走りをレポートする。

まず、マカンの基本コンセプトをおさらいしよう。位置づけはカイエンの弟だが、そのキャラクターは大きく異なる。マカンは「アウディ Q5」、もっと言えば「アウディ A4」のアーキテクチャーで開発されているが、当然、ポルシェ独自の味付けが随所に見える。

全長4680×全幅1925×全高1625mm(GTSは4692×1926×1609mm)というサイズは、全長に対してトレッドが非常に広いワイドなフォルムが特徴だ。この広いトレッドはコーナリング性能を高めるだけでなく、ロール剛性を高くできるので、サスペンションをしなやかに使える。

最大の違いはギアボックスだ。カイエンのティプトロニック=トルコン式ATとは異なり、マカンはPDK=デュアルクラッチ式ATを採用している。これは両モデルの性格を決める上で決定的な違いを生み出す。SUVであることを重視するなら、北米ではマストアイテムのボートなどの牽引や、クロカン走行時に有利なトルコン式ATを選びたいところだ。しかし、ポルシェはダイレクト感を重視したデュアルクラッチをマカンに与えている。

カイエンと比べるとラゲージスペースはあまり広くないが、マカンはそのスペシャリティ的な性格から、あえてスタイリッシュなデザインを優先している。こうしたパワートレーンやパッケージングの違いからも、カイエンとマカンを同じ“SUV”というキーワードで括るのは、ちょっと無理があるというわけだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します