サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデスが電気自動車「EQC」を国内で発表。55台の限定車は“自動車の誕生日”を意味する1886を襲名

ここから本文です

メルセデスが電気自動車「EQC」を国内で発表。55台の限定車は“自動車の誕生日”を意味する1886を襲名

メルセデス初のEVは1000万円オーバー~

7月4日、メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」が日本で発表されました。

55台限定の特別仕様車「EQC エディション1886」(1200万円、55台限定、今年10月以降納車予定)のWeb商談予約は18日午前11時から開始で、先着順です。

カタロググレードとなるのは「EQC 400 4マチック」(1080万円、2020年春納車予定)。どちらも今年10月に引き上げ予定の10%の消費税を適用した参考価格となっています。

ちなみに1886年はダイムラー社の創始者であるカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーが、それぞれ別々にガソリン車を完成させた年として有名なのでした。

プラットフォームはエンジン車のGLCがベース

EQCが使うプラットフォームはEV専用ではなく、SUVでエンジン車の「GLC」がベース。このあたりは流石のメルセデスも、ブランド初の量産EVの開発に慎重なのかもしれません。全体的なフォルムもGLCをややスリークにした印象ですが、フロントマスクなどには電気自動車らしいディテールが与えられています。

インテリアも専用デザインですが、10.25インチのディスプレイを2つ横に繋げた超ワイドディスプレイなど、最新のメルセデスの内装デザインをベースに、ハイテックな演出を加えた雰囲気になっています。

ライバルの電気自動車SUVと同等の価格やパワー

前後車軸に1個ずつ搭載されるモーターの合計最高出力408ps(300kW)、最大トルク765Nm。水冷式のリチウムイオン電池の容量は80kWhで、航続距離は400km(※欧州参考値)、0-100km/h加速は5.1秒です。負荷の高くない時はフロントモーターのみで走行して効率を高めます。

身近なライバルを探すと、一足先に日本発売された「ジャガー I-PACE」が400ps/696Nm、90kWhのバッテリーで航続距離は438km/h(WLTCモード)、0-100km/h加速は4.8秒となっていて、EQCは5.1秒で負けているというご指摘もありそうですが、650kgものバッテリーを積んで「ポルシェ カイエンS」を上回る加速を実現している時点で十分な気もします。「テスラ モデルX」も含め、電気自動車SUVの価格やパワーは今のところ横並びといったところでしょうか。

安全運転システムなどはSクラスと同等

EQCの安全運転支援システムなどは「Sクラス」と同等のものが標準装備されています。

また、バッテリーは新車購入から8年または16万km以内に残容量が70%未満に劣化した場合は特別保証が適用されるとのこと。EQCは水冷バッテリーなので、国産EVより劣化しにくいかもしれませんね。

充電はもちろんCHAdeMOに対応し、全国約2万1000基の提携充電ネットワークの月会費と充電費用が1年間無料になるサービスも付帯するそうですが、大容量バッテリーの場合、急速充電器を使っても満充電まではかなり時間がかかりそう。長距離ドライブ時の使い勝手はどうなのか、今後のレポートにも注目したいところです。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します