サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ざっくり100kg軽い新型スイフトの衝撃。軽さは七難隠すは本当か?

ここから本文です

ざっくり100kg軽い新型スイフトの衝撃。軽さは七難隠すは本当か?

ざっくり100kg軽い車重800kg台スタート!

不肖小沢、久々に衝撃! スズキの骨太なコンセプトというか、ポリシーに胸打たれましたわ。それは「軽さですべてを超えてやろう!」というイマドキありそうで無さそうなガンコ戦略。

というのも先日デビューしたばかりの4代目「スイフト」。いわゆるトヨタ「ヴィッツ」やホンダ「フィット」をライバルとする全長4m以下コンパクトハッチですけど、なんと車重800kg台スタート! 最軽量のベーシックグレード「XG」の5MT車が840kgで、売れ線「ハイブリッド ML」のCVT車でも900kgでその4WD版が960kg! 最も重くて装備が嵩む「ハイブリッド RS」の4WDでもたったの970kgとくる。

比べると現行ヴィッツはほとんど 1トンオーバーで唯一1.0L 3気筒モデルが970kg(スイフトは1.2L)。これはフィットもほぼ同様。

要はライバルよりざっくり100kgは軽くて、具体的には70年代のカローラやサニー並みの軽さで、気分的には小沢が20代の時に見ていたクルマのようですわ。

しかしあれから20年。衝突安全は飛躍的に増してボディ骨格は太く強固になり、装備もエアコンやオーディオと電装品豊富で、安全装備も複数エアバッグにABSにカメラ&センサーの先進安全とてんこ盛り。昔レベルの装備だったら700kg台!? も夢じゃない軽さに入ったわけですよ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します