サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型アクセラ、ハイブリッドとディーゼルも試乗

ここから本文です

新型アクセラ、ハイブリッドとディーゼルも試乗

新型アクセラ、ハイブリッドとディーゼルも試乗

アクセラ ハイブリッド

ハイブリッドの本気度と出来栄え

うーむ、遂にこう来ましたか! と思わされましたよ。新型アクセラ・ハイブリッド! ご存じマツダの世界戦略コンパクトハッチ&セダンの3代目で、以前箱根でプロトタイプ試乗が許され、一部グレードは試乗済みだったんだけど、11月21日からの国内発売に先立ち、待望のハイブリッドモデルが初登場。それも公道試乗ができるってんで、不肖オザワも興味シンシンで出かけたわけ。

最大のポイントはやはりハイブリッドの本気度と出来映え。というのも最近のマツダはご存じSKYACTIV戦略で、高圧縮ガソリンはもちろん、低圧縮ディーゼルで他社との違いを見せつけている。実際、先走るCX-5は販売の8割弱がディーゼルって話だ。

一方、このハイブリッドは「SKYACTIV-HYBRID」といいつつ中身はトヨタ・プリウスのユニットを譲り受けており100%マツダではない。となると完璧主義で技術力に自信を持つマツダだけに本当に本気で作るのかな…とも思ってたわけだ。

すると開発主査の猿渡健一郎氏は言う。「ハイブリッドは服の好みだと思っています。カジュアルがいいのか、フォーマルがいいのかのような。どのクルマでも我々が提供する価値は一緒ですから」。

そう、マツダはハイブリッドカーを特別扱いしないのだ。広告でもハイブリッドをことさら強調してないし、そういう意味では予想通りではあるが、現実は複雑だ。

「日本じゃおそらく4割行くんじゃないですか」と販売担当がいうように国内販売のメインはハイブリッド。なぜならそのエコ度もさることながら値段が凄く、ボディはセダンとハッチバックで違うが、ノーマル2Lガソリン車のたった20万円増し。結果、237万円スタートとプリウスの中核モデルである「L」と同等でありお買い得感強し。

燃費もJC08モードで30.8km/Lとプリウスの30.4km/Lをわずかながら超えるわけで相当魅力的なのだ。果たして実車はどうなんでしょ?

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら