サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディRS6アバント、新エンジンの走りは?

ここから本文です

アウディRS6アバント、新エンジンの走りは?

パワーと燃費の驚異的な両立

先代のV型10気筒・5リッター直噴ツインターボの記憶が鮮やかに残っている人ほど、新型アウディRS6アバントのV型8気筒・4リッター直噴ツインターボというパワーユニットの選択には、訝しい顔を浮かべるはずだ。しかし侮ってはいけない。そのスペックは最高出力560ps、最大トルク700Nmと、先代と比べて最高出力こそ20ps欠けるものの、最大トルクでは逆に50Nm上回っているのだ。S-トロニックではなく8速ATが組み合わされるのは、この大トルクに対応するためである。

その上で、車体構造にアルミなどの軽量素材を積極的に使うことで、車重を100kgも削り込むことで、0-100km/h加速は3.9秒と実にコンマ7秒も短縮。情緒的にはともかく、パフォーマンスの面では不満の声は完璧に封じ込められているのだ。

しかも、ダウンサイジングに加えて、低負荷時などに4気筒を休止させるシリンダー・オン・デマンド機構の採用などによって、燃費はJC08モードで10.4km/Lを達成している。何しろ車重2トン超、最高出力560psなのだ。これは驚異的である。

当然、シャシーにも相応の手が入れられている。フェンダーをワイド化して標準で275/35R20、オプションで285/30R21という極太タイヤを履き、クワトロやスポーツディファレンシャル、ダイナミックステアリングといったお馴染みの機構を備えるのみならず、先々代から使われている、対角線上の2本ずつのダンパーを連関させて姿勢変化を抑えるダイナミックライドコントロールも搭載するなど、まさに電子制御のオンパレード。備えは万全だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら