サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スズキ、新型ランディを8月8日に発売。ベースをノアへ変更し3ナンバー化、ハイブリッドも設定

ここから本文です

スズキ、新型ランディを8月8日に発売。ベースをノアへ変更し3ナンバー化、ハイブリッドも設定

>>スズキ ランディのスペック詳細はこちら

>>スズキ ランディハイブリッドのスペック詳細はこちら

ベースをノアへ変更、全車3ナンバー化

スズキは新型「ランディ」を8月8日から発売する。価格は310万6400円から369万7100円(税込)で、ガソリンのほかに、ハイブリッドモデルもラインアップする。

ランディは、3列シートを備えるスズキのMクラスミニバンで、先代までは日産「セレナ」をベースとしたOEMモデルだったが、4代目となる新型はベースをトヨタ「ノア」へとスイッチ。全幅が1730mmとなり全グレード3ナンバーサイズとなった。ノア同様、セカンドシートのロングスライド機構や「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」、「フリースタイルバックドア」などの快適装備も採用する。

ハイブリッドモデルも設定

グレードは全4種類。ガソリンモデルは8人乗り、ハイブリッドモデルは7人乗りとなり、それぞれFFと4WD(ハイブリッドモデルはE-Four)を選ぶことができる。ハイブリッドシステムはトヨタ「THS-II」を搭載し、待望のフルハイブリッド化となる。

●G(FF):2.0Lエンジン 310万6400円(15.1km/L)
●G(4WD):2.0Lエンジン 332万7500円(14.3km/L)
●HYBRID G(FF):1.8Lエンジン+ハイブリッドシステム 345万700円(23.2km/L)
●HYBRID G(E-Four):1.8Lエンジン+ハイブリッドシステム 369万7100円(22.0km/L)
※価格は税込
※燃費はWLTCモード

なお、ノアの「S-G」などに相当するエアログレードは現時点でラインアップされていないが、先代も「セレナ ハイウェイスター」に相当するグレードはラインアップされなかったので、今後も追加されることはないだろう。

>>スズキ ランディのスペック詳細はこちら

>>スズキ ランディハイブリッドのスペック詳細はこちら

安全装備も充実

ノアへの変更にともない先進安全装備も充実した。車両や歩行者、自転車運転者、自動二輪車を直進時・交差点右左折時に検知して衝突回避をサポートする「プリクラッシュセーフティ」を搭載。運転の状況に応じたリスクの先読みを行ない、危険に近づきすぎないよう運転操作をサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」や、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールなども標準で装備される。

新型ランディの目標販売台数は年間1200台。スズキの日本国内向け車種として初めてトヨタからOEM供給を受けるモデルだけに、どれだけ販売台数を伸ばせるか注目だ。

>>スズキ ランディのスペック詳細はこちら

>>スズキ ランディハイブリッドのスペック詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら