サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス-マイバッハ、超高級クロスオーバーのコンセプトカーを世界初披露

ここから本文です

メルセデス-マイバッハ、超高級クロスオーバーのコンセプトカーを世界初披露

独メルセデス・ベンツは、第15回北京モーターショーにおいて、超高級クロスオーバーコンセプト「ビジョン メルセデス-マイバッハ アルティメット ラグジュアリー」を世界初披露した。

ビジョン メルセデス-マイバッハ アルティメット ラグジュアリーは、ハイエンドクロスオーバーを想定して作られたコンセプトモデル。SUVスタイルのまったく新しいボディをまとった新型マイバッハの登場が一気に現実味を帯びた。

大きなラジエターグリル、その上にそびえつつスリーポインテッドスター、そして24インチの大径ホイールと、エクステリアは存在感たっぷり。鮮やかなレッドのボディカラーで登場したことも、新たなイメージの創出を狙うメルセデス-マイバッハの意欲を感じさせるところだ。

ヘッドライトは一昨年の超高級クーペスタディ「ビジョン メルセデス マイバッハ6」と同様の薄型3連タイプで、新時代の先進イメージを創出するデザインだ。「レンジローバー・ヴェラール」などと同様の格納式ドアノブを採用することも確認できる。

インテリアは、既存のマイバッハシリーズの流れを汲み取りつつ、これまでにない高級な世界観の実現を狙ったとのこと。クロスオーバーゆえの広々した空間とコントラストを織り成すカラースキーム、上質なマテリアルの採用が大きな特徴となっている。

メルセデス-マイバッハによれば、「アルティメット ラグジュアリー」は、ショーファードリブン(運転手による移動を想定した車両)の用途をメインに想定している。そのためリアシートは完全独立タイプの2座式で、リクライニングや高さ調整などをすべて電動で行える。

またマッサージ機能やリアエンターテインメントも備えるほか、頭上には超大型のグラスルーフを用意。後席の乗員は極上の移動を楽しむことができそうだ。また、ボートのデッキを思わせる木目のドアパネルにはアンビエントライトが埋め込まれ、幻想的な雰囲気を演出している。

なおコンセプトカーではパワートレインは、4つのモーターを備えたEVシステムを搭載し、最高出力750hpを発生。80kWhのバッテリーにより500kmの航続距離を実現しているという。

超高級SUV/クロスオーバー市場は、ベントレーからベンテイガが登場し、ロールスロイスもSUVを開発中と報じられる。そうしたなか、メルセデス-マイバッハからも同市場への参入を強くアピールするコンセプトカーが登場した。コンセプトカーの思想を受け継ぐ新型マイバッハが、数年内に登場する可能性はかなり高いとみられる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します