サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダCX-3の“買い”を真剣に考えてみた。サポカーS・ワイドは全車共通

ここから本文です

マツダCX-3の“買い”を真剣に考えてみた。サポカーS・ワイドは全車共通

街乗りメインだけどSUVが欲しいという方へ

マツダCX-3が一部改良を受けた。トピックはガソリン(レギュラー仕様)モデルの追加だ。2015年の発売当初、ディーゼルモデルのみに絞ることでCX-3をある種先鋭化させたマツダだが、とはいえ台数も欲しいということで、ざっと30万円安いガソリンモデルを追加した。軌道修正であることは間違いないが、ここ数年でコンパクトSUVカテゴリーの乗用車市場全体に占める割合が同社(ならびに全自動車メーカー)の予想を超えて大きくなったため、CX-3の担うべき役割が増えたということでもあるようだ。

ディーゼルと新たに加わったガソリンを数値で比べると、1.5リッター直4ディーゼルターボは最高出力105ps/4000rpm、最大トルク27.5kgm/1600-2500rpm、車両重量は1250~1340kg。対する2.0リッター直4ガソリンは同148ps/6000rpm、同19.6kgm/2800rpm、車重は1240~1300kg。ディーゼルのほうが重いが、その差はFWDで30kg、4WDで40kgにとどまる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します