サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディ、RS3スポーツバックを発表 コンパクトボディに400psエンジン搭載

ここから本文です

アウディ、RS3スポーツバックを発表 コンパクトボディに400psエンジン搭載

アウディジャパンは6月21日、A3シリーズのトップモデル「RS3スポーツバック」の受注を開始した。発売は11月が予定されている。

ブリスターフェンダー内に19インチホイールを装着

アウディRS3スポーツバックは、A3ベースのコンパクトな5ドアボディに400psの強力なエンジンを搭載する高性能モデル。エクステリアは専用デザインとなるハニカムメッシュのシングルフレームグリルをはじめ、大型のエアインテークを持つ専用バンパーを装着。そしてRSシリーズの特徴であるブリスターフェンダーにより、ボディをワイド化。標準ボディに比べるとフロントが20mm、リアは14mm拡大している。そこに装着するのは19インチホイール。ブレーキも大径ドリルドローターを採用し、迫力の足回りを演出する。

インテリアは、上質なブラックのナッパレザー表皮によるスポーツシートを備え、スポーティ感とともにプレミアムな雰囲気が高められている。装備も充実しており、MMIナビゲーションをはじめ、バング&オルフセンサウンドシステム、メーター内の12.3インチTFTディスプレイにスピードメーターやタコメーターに加え、カーナビの地図なども表示できるバーチャルコクピットも標準装備。エンジンのデータやGなどを表示する、スポーツ走行に特化した専用のRSview機能も備える。

さらなる出力アップ&軽量化を果たした直5ターボユニット

注目のエンジンは、2.5リッター直列5気筒TFSI(直噴ターボ)を搭載する。スペックは最高出力400ps、最大トルクは480Nmを発生し、5気筒エンジンとしては世界トップの高出力を誇る。またアルミ合金製のクランクケースを採用し、エンジン重量を従来型に比べ26kg軽量化したのもポイント。ちなみに従来型エンジンのスペックは、最高出力367ps、最大トルク465Nmで、パワー、トルク共に向上している。0-100km/h加速は4.1秒、燃費は100kmあたり8.3リッター(12.0km/L)と高性能車としては優秀な数値を達成している。

トランスミッションは、7速Sトロニック。これにフルタイム4WDのクワトロシステムを組み合わせる。さらにRS3スポーツバックは、内輪へのブレーキ制御により旋回力を向上させる「ホイールセレクティブトルクコントロール」を搭載し、ハンドリング性能の向上が追求されている。

安全面では、対向車や前走車の眩惑を防ぐハイビームモード付きのマトリクスLEDヘッドライトや、自動ブレーキなどの予防安全技術を集約したアウディプレセンス、車線逸脱を防止するアクティブレーンアシスト、車線変更をアシストするサイドアシスト、渋滞時に先行車両に合わせてアクセル・ブレーキ制御を行うトラフィックジャムアシスト、後退時の安全を確保するリヤクロストラフィックアシストなど、充実した運転支援装置を備える。

RS3スポーツバックの価格は767万円。ステアリングは右ハンドルとなる。

※写真はすべて欧州仕様車

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します