サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > マカンターボマイチェンモデル先行試乗。気になる右ハンドル仕様のドライビングポジション

ここから本文です

マカンターボマイチェンモデル先行試乗。気になる右ハンドル仕様のドライビングポジション

違和感のある右ハンドル仕様は改善を求む

空港から高速道路に乗り、新しいターボエンジンのピックアップの良さをすぐに感じることができた。スロットルペダルのわずかな動きにも敏感に反応し、1500~2000rpmですでに十分なトルクが湧き上がり、全長4684mm、全幅1926mm、空車重量1945kgのボディを軽快に加速させる。さらに4000rpm付近からパワーが増大し、6800rpmのリミットまできっちりとストレスなしに回る。GPFが邪魔していながらも、後方からのバリトンサウンドもドライバーの気持ちを心地よく高揚させてくれる。また「スポーツ プラス」モードではスロットルオフでバックファイアサウンドを演出してくれるが、これもAMG系と比べるとやや控えめで好感が持てる。

ケープタウン郊外を抜けて、風光明媚なワインランド郡の山道のドライブでは、スタンダードからファインチューニングを受けたシャーシのしなやかでスポーティな動きに気がついた。マカンのプロジェクトリーダー、セバスチャン・シュタイガーによれば、フロントには新たにセッティングしたコイルとダンパーを採用し、新設計されたアルミ製高剛性リンクとの組み合わせによって、しっかりとしたステアフィールとトレース性能を追求しているという。リアにはスタビライザーも強化され、一層のニュートラルステアを実現している。確かに走行フィールは全体的にダイレクトで、完全に一皮向けた進化であり、ここでも最新のポルシェは最良のポルシェであることを強く感じた。

ここで2019年モデルのマカンオーナーとしてちょっと気になったことを報告したい。南アフリカは日本と同じ左側通行で、今回テストしたマカン ターボは左ハンドルのドイツ仕様であった。それにも関わらずスムースに走れたのはドライビングポジションが自然だったからだ。一方、右ハンドル仕様は足下が狭く、ステアリングがやや右側にオフセットしている。実際に比べるチャンスがないのでオーナーからは不満が出ないのだと思うが、左側通行の国は日本だけではないはず、ここは是非とも改善して欲しい。

このマカン ターボは日本でもすでにポルシェジャパンが10月1日から受注を開始しており、価格は1219万1667円(税込)となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します