サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産2代目ティアナ登場 おもてなしセダンに進化!

ここから本文です

日産2代目ティアナ登場 おもてなしセダンに進化!

セフィーロやローレルの後継車種として2003年に登場したティアナがフルモデルチェンジ。新型が掲げるコンセプトは、“モダン・リラックス・おもてなし”で、セダンとしての上質感・快適性にこだわって開発された。

新型ティアナはプラットフォームを一新。新ジョイントメンバーの採用や、高張力鋼板を多用して高剛性化と軽量化を図ったという。足回りは、前:マクファーソンストラットを先代から継承するものの、ショックアブソーバーにはリバウンドスプリングを内蔵し、走行安定性をより高める方向へチューンされた。後は各リンクのジオメトリを見直し、ブッシュを大型化した新設計のマルチリンクを採用。高剛性ボディと相俟って、快適な乗り心地と高い直進安定性を完成させたという。

新型の内外ディメンションは、全長= 4850mm(+50)×全幅=1795mm(+30)×全高=1475mm(±0)、ホイールベース=2775mm(±0)、室内長=2095mm(-20)、室内幅=1510mm(+25)、室内高=1215mm(+10)。※()内は先代比較値。

■パワートレーン

搭載エンジンは2.5リッター2種類と3.5リッターを用意。スカイラインでも採用のASC(アダプティブ・シフト・コントロール)付CVTが搭載され、最上位グレードのVQ35DEは6速マニュアルモードを装備する。VQエンジンは、連続可変バルブタイミングコントロールの動作域を拡大し、低中速域でのトルクと高速域での出力特性を改善。プラグ点火の効率化を図り、始動時・発進時の燃費安定性にも配慮した。

※燃費は、10・15モード燃費。
 2.5リッター(VQ25DE・FF)………136kw(185ps)/6000rpm、232Nm(23.7kg-m)/4400rpm、12.0km/リッター
 2.5リッター(QR25DE・4WD)……123km(167ps)/6000rpm、240Nm(24.5kg-m)/4000rpm、11.0km/リッター
 3.5リッター(VQ35DE・FF)………185kw(252ps)/6000rpm、335Nm(34.2kg-m)/4400rpm、10.0km/リッター

■低振動・静粛性もポイント

内外装は、“モダンリビング”を提唱した先代を踏襲。外装では新たに切れ長ヘッドライトやフロントからリアにかけて流れるアーチ状のキャラクターライン、サイドモールなどを採用する。内装ではインパネ中央部センタークラスターの操作ボタンなどを整理して、機能性アップを図っている。またシート構造やクッションの弾力性にもこだわったり、振動吸収性を先代比約50%高めた。また静粛性にも配慮。吸遮音材を最適配置した他、フロアカーペットの吸音効果を向上。風切り音低減のためドアミラー形状も見直した。一方でエンジンマウント数を4点→6点とし低バネ化。走り出し・加速時のエンジン音も低減している。

■オーテック仕様

アクシスは専用のYAMAHA社製パフォーマンスダンパー、リアエアスパッツ、サスペンションの他、フロントグリル、17インチアルミホイール、左右2本出しマフラーなどを装着する。

■価格

246万7500円~394万8000円。アクシスは310万8000円~464万1000円。月間販売台数は、1000台。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら