サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある

ここから本文です

軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある

sponsored by ダイハツ

軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある

ハイゼットトラック

軽トラックの安全性能をトータルで引き上げ

【誤発進抑制制御機能(前方)】
約10km/h以下の状況で、ステレオカメラが前方4m以内に障害物を認識した場合に作動。Dレンジに入った状態で誤ってアクセルペダルを強く踏み込むと、踏み間違いだと判断、警告音とメーターパネル内の点滅で危険を知らせると同時に、エンジン出力を抑制して安全を確保する。

たとえば、駐車場に停めようとした場合に、ブレーキペダルを踏んでいるつもりが間違えてアクセルペダルを踏み込み、障害物に衝突してしまうような事故を減らすことにつながる。ちなみに、この機能は4AT専用となる。

【車線逸脱警報機能】
約60km/h以上で走行中に、ステレオカメラが車線を認識している状況で作動。ウインカーを出さない状態で走行車線からはみ出しそうになると、警告音とメーターパネル内の点滅で危険を知らせ、車線内にとどまるための操作を促す。

【先行車発進お知らせ機能】
信号待ちなどで、前の車両が発進したのに気づかずに停止していると、警告音とメーターパネル内の点滅でドライバーに知らせる。

ここに紹介した緊急ブレーキを含む予防安全機能は、日本で初めて軽トラックに備わるものだ。また、こうした安全支援装置以外にも、最新の法規「56km/hオフセット衝突」に対応した衝突安全ボディや運転席エアバッグの標準装備で、乗員を守る。さらには、横滑り防止装置(VSC)とタイヤの空転を抑えるトラクションコントロール(TRC)を「スマートアシストIIIt」装着車に標準装備するなど、軽トラックの安全性能をトータルで引き上げていることがわかる。

■ダイハツ ハイゼットトラック オフィシャルサイトはこちら
■ダイハツ ハイゼットトラック 見積りページはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します