サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 鬼に金棒 弁慶になぎなた レガシィ アウトバック&ブリザック DM-V2

ここから本文です

鬼に金棒 弁慶になぎなた レガシィ アウトバック&ブリザック DM-V2

少し時間が経ってしまいましたが、冬真っ最中の2月の中頃に、昨年秋にマイナーチェンジした「スバル レガシィ アウトバック(以下アウトバック)」に「ブリヂストン ブリザック DM-V2(以下ブリザック DM-V2)」を装着して蓼科高原にテストドライブに行ってきました。この時期の蓼科周辺は最低気温が-10℃前後。ドライと雪上を走る往復約500kmのドライブとなりました。

マイナーチェンジしたアウトバックは、アイサイトを進化させ全車速追従機能付クルーズコントロールの最高設定速度を120km/hまで可能にしたほか、後退時自動ブレーキシステムの追加などを行っています。他にはステアリング連動ヘッドランプの採用、サスペンションや電動パワーステアリングのチューニングなど、安全性能と走行性能の向上などを行っています。

ブリザック DM-V2は、ブリザックシリーズのSUV/4WD用スタッドレスタイヤで、クロスオーバーSUVから本格的なクロスカントリー車向けのサイズを取り揃えています。ブリザックシリーズに採用されている「アクティブ発泡ゴム」や、雪道で路面をつかみやすい専用のトレッドパターン、タイヤのサイドウォールの形状を左右非対称にしてふらつきを低減させた「非対称サイド形状」などを採用しています。

乗ってみると、高速道路では静粛性の高さに驚きました。アウトバック自体の静粛性もさることながら、ブリザック DM-V2も夏タイヤとまではいきませんが、それでもロードノイズはよく抑えられています。操縦安定性についても、ステアリングはブレることなくどっしりと直進し、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDからくる安定感と、ブリザック DM-V2のドライ性能の高さを感じました。とはいうものの、高速道路のインターなどのカーブに速めの速度で進入したりする状況では、途中で「グニャリ」といく感覚がありました。あくまでスタッドレスなので、意識が必要ですね。

蓼科高原周辺はアイスバーンではなく圧雪路面でしたが、気の抜けない路面状態です。どれくらいブレーキが効くか強めのブレーキングテストをしてみると、ABSを効かせながら、自分の想定範疇で停止してくれることを確認。更に強く踏めばもっと手前で停まってくれる感触もありました。

結論ですが、アウトバックは突出した特徴は無いのですが、走行性能、安全性、快適性すべてをバランス良く兼ね備えています。さらにブリザック DM-V2を装着すれば冬でも万能。1台で趣味や仕事、家族でのユース、春夏秋冬あらゆる状況でも走りたい、「アウトバック×ブリザック DM-V2」はそんな方にお勧めしたい組み合わせです。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します