サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 韓国ヒュンダイのデロリアンを思わせるレトロフューチャーなコンセプトカーはなかなかの力作かも

ここから本文です

韓国ヒュンダイのデロリアンを思わせるレトロフューチャーなコンセプトカーはなかなかの力作かも

フランクフルトショー2019、たまには欧州や日本以外の注目車をと思って探していたところ、ヒュンダイが出展したEVのコンセプトモデルが味わい深い感じであります。

「45 EV コンセプト」と名づけられたこのコンセプトカーは、イタルデザインが1974年に手掛けたヒュンダイのコンセプトカー「ポニー クーペ」へのオマージュとして製作されたとのこと。ちなみに当時のイタルデザインは、20年代の複葉機にインスパイアされてポニー クーペを製作したのだとか。

オリジナルを知らない日本では、直線の多い折り紙のようなボディパネルや、四角い4灯風LEDライトなどから映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で人気になった「デロリアン DMC 12」を思い出す人が多そう。というか、デロリアン DMC 12もジウジアーロ(つまりイタルデザイン)の作品でした。イタルデザインのオフィシャルサイトでは、このポニー クーペがDMC 12の源泉になった的な記述もあったりして、ヒュンダイのデザイナーはそのあたりも伏線としてアレンジしたんでしょうね。ちなみに編集は2013年の東京MSで話題になったけど日の目を見なかった日産「IDx」なども思い出しました。

デザインスタディなので、ドアが前後スライド式でBピラーレス、新開発のEVプラットフォームが使われているという設定以外は、それほど注目の機能はありませんが、オーガニックな素材使いのインテリアも大人な雰囲気で、ドイツメーカーの金太郎飴作戦に食傷気味の編集には新鮮に映りました。

日韓関係が微妙なだけに、今までにも増して日本では黙殺されそうなお隣の国のデザインコンセプト。クルマ好きとしてはあら捜しなどぜず、それなりにフェアな気持ちで眺めたいものだなあと思ったのでした。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します