サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタの本気が詰まった「GRヤリス」のグレードと装備を読み解く

ここから本文です

トヨタの本気が詰まった「GRヤリス」のグレードと装備を読み解く

>>トヨタ GRヤリスの画像はこちら
>>トヨタ GRヤリス の中古車相場のグラフはこちら

ラリーで勝つために作られた「マシン」

2020年9月に発売されたトヨタ「GRヤリス」は、コンパクトハッチバック「ヤリス」をベースに開発された高性能3ドアハッチバック。WRC(世界ラリー選手権)のホモロゲーション取得を目的に、TMR(トミ・マキネン レーシング)の協力を得て開発されました。

ボディサイズは全長3995mm×全幅1805mm×全高1455mmで、乗車定員は4人。荷室の広さをうんぬんする類の車ではありませんが、荷室容量は満乗車の状態で141Lです。

GRヤリスに用意されれるグレードは全部で4種類。

ベースモデルといえる「RZ」には最高出力272psの1.6L直列3気筒直噴ターボエンジンと6速iMT(インテリジェント マニュアルトランスミッション)が組み合わされ、多板クラッチによる前後駆動力可変システムを採用した新開発スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載しています。

ちなみにこちらの直列3気筒ターボエンジンは、トヨタいわく「レースに勝つために小型・軽量化を徹底追求した」というもので、「アルミダイキャスト製シリンダーブロックの底浅ウォータージャケット化」「高強度アルミ製シリンダーヘッドと中空組立カムシャフトの採用」「ターボの軸受ベアリングにセラミックボールベアリングを採用」等々、かなりマニアックな仕立てとなっています。

そしてRZの装備をより充実させた「RZ“High performance”(ハイパフォーマンス)」には、前後のディファレンシャルにトルセンLSDが標準装備されるとともに、BBS製鍛造アルミホイールとミシュラン「パイロット スポーツ 4S」という高性能ラジアルタイヤも標準で装備されます。

そして「RC」というのは、RZの強力なターボエンジンやスポーツ4WDシステムは継承しつつも、走りに必要な装備以外を極力排除した、モータースポーツ参戦のための競技向けベース車両です。

上記の3グレード(RZ、RZ“High performance”、RC)がGRヤリスの本筋ですが、これらとは別に「RS」という、最高出力120psの1.5L自然吸気直列3気筒エンジンを搭載するグレードも用意されています。

RSは「誰もが気軽にGRヤリスの走りを楽しめるモデル」として設定されたグレードで、エンジンは前述のとおり272psではなく120psの直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン“M15A-FKS”。そしてトランスミッションも6速iMTではなく、10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトを装備した「Direct Shift-CVT(ダイレクト シフト CVT)」で、駆動方式もフルタイム4WDではなく一般的なFFとなっています。

次のページ>>「普通のRZ」でも十分に高性能

>>トヨタ GRヤリスの画像はこちら
>>トヨタ GRヤリス の中古車相場のグラフはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します