サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > メルセデスAMG G63を南アフリカでテスト 百獣の王とオフローダーの王が対決?

ここから本文です

メルセデスAMG G63を南アフリカでテスト 百獣の王とオフローダーの王が対決?

オフローダーとして完璧なフォルムを持つGクラスという存在

何もかもが移り変わりの激しい世の中にあって、長い間変わらないカタチで好まれ、生き続けているモノがある。クルマではポルシェ911やミニ、その他の商品ではコンバースのバスケットシューズやコカコーラの瓶などがあげられている。もちろん日本でもキッコーマンの醤油差し瓶が有名だが、ここではメルセデス・ベンツGクラスを取り上げてみよう。

Gクラスは1979年から2018年までほとんど、そのデザインを変える事なく30万台以上を出荷した。すなわち年間およそ7700台、少々酷な言い方をすればモデルチェンジをするどころか、普通の車であれば生産を止めてもおかしくないほどの微妙な台数である。果たしてメルセデス・ベンツ自社内での生産であれば、消え去ったかもしれないが、このGクラスはオーストリアのマグナ・シュタイヤーで生産されていたこともあって、なんとか生きながらえる事ができた。しかし、長期生存できた一番の理由はGクラスが道具として最も無駄のない完璧なクルマのカタチをしていたからだ。すなわちエンジンルームとキャビンの二つの箱からなるシンプルなデザインは、洗練された空力特性など要求されないオフローダーとして完成されており、手の付けようがないのだ。それがコカコーラの瓶やバスケットシューズに繋がるアイコニックな存在となったのである。

このGクラスをさらに独自のポジションに押し上げた要因の一つがAMG仕様の存在である。最強で630馬力のV12エンジンを搭載したハイエンドGクラスは各界のセレブが渇望する存在となったのだ。

ちょうど一年前にデトロイトショーでアーノルド・シュヴァルツネッガーとともに登場したニューGクラスにもAMG仕様は存在しており、昨年のジュネーブオートショーで「AMG G63」として世界初公開されている。そして今回、その市販タイプがアフリカ市場で販売されることが決定。この地で行われる適合テストに、我々数人のジャーナリストの参加が許されたのであった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します