サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 世界的人気のGT4カテゴリーで戦うスープラのレースマシンが登場

ここから本文です

世界的人気のGT4カテゴリーで戦うスープラのレースマシンが登場

デトロイト・ショーで世に送り出されて大きな話題を生んだ「スープラ」だが、早くもジュネーブ国際モーターショーの会場でレース仕様車となる「GR Supra GT4 Concept」が追加で発表された。トヨタGAZOOレーシング初のグローバルモデル「GR Supra」をベースにしたレーシングスタディモデルとして、欧州のモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社によって開発されたものだ。GT4とは、近年、世界的に人気を集めているレースのカテゴリーで、一般の顧客が市販車に改造を加えたレース仕様車を購入して、スーパー耐久シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)など、伝統のある人気レースに参戦することができる。

今回、トヨタはプレスカンファレンスを実施しなかったものの、ショー会場では、白地をベースに赤とシルバーと黒で彩られたGAZOOレーシングの派手なカラーリングが目に留まった。大径ホイールにレーシングタイヤとして定評のあるピレリPゼロを履き、リアに大型ウイングを装着し、フロントに大きなスプリッターが口を開けている。ボディサイズは全長×全幅×全高=4460×1855×1250mmとなる。

搭載されるパワートレインは、シングルターボ付き3リッター直列6気筒エンジンで、ECUをアップデートするなどのスープアップが施されている。同時に、ブレーキやサスペンションも強化される。前後のエアロパーツはすべてハンドメイドのガラス繊維強化樹脂を奢り、ロールゲージが追加されるなど、レースで戦うための装備が随所に施されている。

トヨタとしても、モータースポーツの参戦に力を注いでおり、今年は、NASCARエクスフィニティ・シリーズに加え、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する予定だ。加えて2020年には、SUPER GTのGT500クラスにも参戦する計画を発表している。