サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > BMW4ドアクーペの末弟、2シリーズ グランクーペがFFベースで登場

ここから本文です

BMW4ドアクーペの末弟、2シリーズ グランクーペがFFベースで登場

BMWのコンパクトクラスとしては初めての4ドアクーペ

BMW 2シリーズのルーツは2014年に登場した先代1シリーズ(F20)がベースのクーペ(F22)およびカブリオレ・バージョン(F23)であった。そして1シリーズが今年、FRからFF化(F40)されたのに伴って今回4ドアクーペバージョンの2シリーズ グランクーペが公開された。

ミュンヘン郊外の特設スタジオに現れたのはトップモデルのM235i xDriveで、スナッパー・ロックス・ブルーと名付けられた明るいブルーのボディカラーをまとっていた。オーストラリア、ゴールドコーストの海岸線をイメージした色だ。実はこれと似たようなボディカラーを最近よく見かけるが、調べてみると中国で人気のあるボディカラーだった。これまで日本の白が流行したが、今後はこのライトブルーが席巻するかもしれない。

さて、2シリーズ グランクーペに話を戻すと、3サイズは全長4526×全幅1800×全高1420mmで、ホイールベースは2670mmとなっている。すなわち5ドアハッチバックの1シリーズ(F40)より171mm長く、45mm低い、また全幅とホイールベースは変わらない。

エクステリアデザインはセダンとの差別化を図るためにキドニーグリルがややワイドで前方に押し出され、さらに3次元メッシュで存在感を増している。標準装備のLEDヘッドライトはさらに細く切れ上がっており、今や新しくアイコンとなった異形4眼を持った独特の表情を持っている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します