サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > BRZに公道試乗 買いのモデルと課題は?

ここから本文です

BRZに公道試乗 買いのモデルと課題は?

異なる文化の化学反応

自動車メーカーが私企業である以上、究極の役割は利益をあげることにある。しかしその点においてスポーツカーほどソロバン勘定に合わないジャンルはない。フェラーリやポルシェといった特別なメーカーを除けば、台数を期待できないスポーツカーを商売の糧にするのは至難の業なのだ。

にもかかわらずスポーツカーが世に出てくるのは、ソロバン勘定ばかりが先行していてはつまらないよね、という社内外からの声に応えるため。マツダのロードスターも、日産のフェアレディZも、純粋なビジネスというよりは、スポーツカーをつくりたいというエンジニアの熱い思いと、スポーツカーによるブランドイメージ向上という経営陣の狙いが一致した結果、世に出たモデルだ。

もちろんBRZ登場の背景にもそういう「想い」がギッシリ詰まっているが、BRZが他車と決定的に違うのは、原動力となった「想い」が、自社ではなくトヨタのものだったという点だろう。86/BRZの誕生には、ことあるがごとにクルマの楽しさを熱く語る“カーガイ”豊田章男社長と、スポーツカーをつくりたいと願ってやまなかったトヨタの多田チーフエンジニアの存在が大きく影響している。しかし、結果として立ち上がったプロジェクトにおいて、ハードウェアづくりの大部分を担当したのはスバルだったのだ。

トヨタとのコラボがなければ、FFベースのAWDを理想としてきたスバルがFRを選択するという可能性はゼロだった。もちろん、スバルの水平対向エンジンがなければ86はまったくの別物になっていたはず。そういう意味で86/BRZはスバルとトヨタという異なる文化の化学反応が生みだしたモデルであり、どちらが欠けても成立しなかったのは間違いない。

そんな希有な成り立ちをもつクルマは、果たしてわれわれユーザーにどんな楽しさをもたらしてくれるのか? さっそくインプレッションを報告していこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら